Peggy Guggenheim Collection (Venezia)-2 樹木搬入

★前回の続きです

2012年の冬、植栽エリアの工事がスタートしました。
水路が道となっているヴェネツィアでは、搬入経路も全て水の上、観光客を乗せるゴンドラと同じ水路をモーターボートで勢いよく!?登場です。
先頭は高木類を乗せた船、後ろに土壌の山を乗せるモーターボート、職人さんの乗るボートと連なります。
d0262144_101292.jpg

グッゲンハイムの前に着きました。写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなり大きな船です。
細長いイタリアンサイプレスは8m近いものなのですから!
そして落葉は白い布にまかれ、大事に運ばれてきました。
d0262144_10164761.jpg

d0262144_10165847.jpg

ゴンドラからも珍しい光景を見学中・・・・?
d0262144_10175491.jpg


いよいよ搬入です。
かなり大きいものを入れるため、全てクレーンで持ち上げます。木を傷つけないよう、特に根を大事に・・・
そして歴史ある建築にぶつけないように!と相当、気を使います。
d0262144_1021772.jpg

d0262144_10211880.jpg


樹木を横にして人力で運ぶため、階段にスロープを設置し、滑車のついた樹木用台車を使います。
ゆっくりゆっくり、でもかなりの力を必要とします。搬入もまた職人さんの腕にかかっています!
d0262144_10282515.jpg

d0262144_10284994.jpg

d0262144_1030913.jpg

d0262144_10302451.jpg



樹木は運んだら出来るだけはやく土に埋めて環境になじませないと、弱ってしまいます。
ピストイアの畑で大切に育ててきた子供たちを新しい場所に植える、親心いっぱいの植栽工事です。
植えた後も、寒く、潮の多いこの土地で元気になるまで、毎週様子を見に来ています。

もちろん元気になってからも!メンテナンスをしながら、いつまでも元気で育つように見守ることが重要です。
本当に子供と一緒ですね!!

さて次回は寒空の中、植栽工事真っ只中の状況をアップします!
[PR]