熱海市の姉妹都市SanremoにあるVilla Ormond日本庭園リニューアル

前回に引き続き、フランチェスコ氏が牧岡氏、増井氏と共に造り上げた日本庭園プロジェクトをご紹介します。
Villa Ormondの日本庭園は元々イタリアのSanremo(サンレーモ)と日本の熱海市が姉妹都市提携(1976年)の一環として1991年に作庭されましたが、ここ十数年間はメンテナンスもなく放置された状態が続いていました。
過去にサンレモ観光局が熱海を訪れ、景色が似ていると言ったことが発端、海に面した風景や気候に加え花市場、音楽祭など共通点が多いことも提携に結びついたそうです。サンレモに日本庭園、熱海にイタリアンガーデンというガーデン交換計画が実現したのです。

Sanremo(サンレーモ)公式HP
http://www.comunedisanremo.it/
フランス国境に近いリグーリア州(地中海に面する)の自治体、1951年から続く「サンレモ音楽祭」や自転車ロードレースのゴール地として知られています。生花の産地としても有名です。

フランチェスコ氏
「当時、熱海市から歴史ある日本庭園のプランをいくつか頂いたようです。日本庭園の手法をベースに滝や池をつくり竹林、桜やモミジ、ソテツなどを多く配しました。しかし時が経つと共にメンテナンスを怠り、竹はそこらじゅうに蔓延り、滝は見る影もなく、植物たちは枯れ果ててしまいました。トリノ大学で教鞭を取りはじめてから単発でサンレモでも講義をするようになった私は、この悲惨になってしまった日本庭園を何とかしたいと思い、2009年より講義の合間を縫って庭園の掃除、伐採作業を始めました…市役所の職人さんたちもかなり協力してくれ、時には生徒たちも手伝い(とてもいい勉強になりますし)、我々は蔓延った竹林を伐採し、滝を修復しました。全てボランティア、無償でしたので新しい材料は使えず、そこにあるものだけで修復を試みたのです。スケッチでは滝の右側の大きなビャクシンは3段造り、ゴヨウマツ仕立てにしようと考えていたのですが、剪定しているうちに亀の甲羅を思いつき、大刈込を施しました。」


★枯れ果ててしまった池泉庭園の様子と修復するためのイメージスケッチ
このスケッチに基づいて伐採整理をスタートしました
d0262144_1629988.jpg

d0262144_162939100.jpg


★亀の甲羅に見立てたビャクシンの大刈込、2009年→2010年の剪定の変化がわかります
d0262144_16315285.jpg

延びきった植物で覆われて姿が見えなくなってしまった滝、フランチェスコ氏たちの伐採整理によって姿を見せました。しかしその滝の上部はコンクリートがむき出し、給水口はほぼ詰まって塞がれていた状態だったと言います。時間をかけ、周囲の協力のもと、彼らは石組をし直し、滝の景を修復しました。淀んでいた池も清掃からはじめ、フランチェスコ氏自身が持参した舟形石が新たに加わりました。

★剪定後、姿を現した滝の上部の状態と石組工事の様子
d0262144_16324399.jpg

d0262144_163257100.jpg

★完成した様子、舟形石が池泉庭園に色を添えました
d0262144_16331918.jpg

フランチェスコ氏
「滝と池が完成してから1年ほど経過した2011年、サンレーモで盆栽会議が開催されることになり、これまで作庭したことのない枯山水庭園をつくることに!私は牧岡先生と増井さんに協力を仰ぎました。枯山水のデザインは私と牧岡先生と2人の手で進めました。私のアイデアは鶴島をもつ枯山水、対になる亀島はそれまで修復を重ねてきた滝の刈込、亀の甲羅を模ったビャクシンです。」

★フランチェスコ氏のアイデアと計画プラン
当初は枯山水庭園の中に入れるようなイメージで、蹲に触れ、座に腰かけて鶴島を眺め、鶴島を通して亀島を見るというストーリーで描いたプラン
d0262144_16351936.jpg

★施工開始日の前日、打合せの中で牧岡氏がその場で描いたプラン
美しい竹林を伴う枯山水は眺める庭として人が入るべきではない。ここは船着き場をイメージしたらどうか・・・と。何故ならここはサンレーモと熱海の姉妹都市であることを大切に思うべき場所、両市の海の止場という共通項を意識し、枯山水は「水」であるべきだ。さらに後ろに控える水景とつながる川の役割も担う。
d0262144_16353927.jpg


フランチェスコ氏
「プロジェクトはワークショップとしてトリノ大学とサンレモ市の提携で進められました。デザインは私のアイデアをベースに、上記のように重要な変更点がありました。また特徴として枯山水の池の中で犬や猫、カモメを遊ばせるように岩を配する風景を造りこみました。これは高台寺の鳥獣人物戯画をイメージしています。動物たちの走り、遊ぶ姿を表現するというものです。“物真似”の手法により、岩を動きがあるように配置し、動物たちを想像させます。牧岡先生が初めてこの地に足を踏み入れた時、実際に猫や犬、カモメが遊んだり喧嘩したりしている姿を見て戯画を思いついたのです。サンレーモの人々がここに餌を持ち込むようで、たくさんの野良動物が集まってしまうようでしたが(笑)。」

高台寺の「鳥獣人物戯画」は以下のHPの中に詳しい説明があります。
http://www.kosanji.com/chojujinbutsugiga.html
d0262144_16363973.jpg

★枯山水施工の様子
d0262144_16365685.jpg

フランチェスコ氏
「牧岡先生と増井氏の指導の下、施工の3日間は大変厳しい仕事でしたが、私にとっても多くの学生にとっても有意義且つとても濃い時間でした。
このプロジェクトは東日本大震災の起こる数か月前に立上り、日本が大変な時期に施工しました。ですから復興を願ってのプロジェクトと言う気持ちが強くありました。」


★枯山水の中心に位置する鶴島と全景です
d0262144_16373756.jpg

★枯山水を見下ろす大刈込(この地にあう植物で構成)
これは先生の考案によるもの、大刈込の間を川を見立てて石を配しています。また池泉庭園より枯山水を臨むと、亀島と鶴島、水の繋がりが伝わってきます
d0262144_16382939.jpg


2011年4月1日に日本領事参加のもと落成式を行いました。快晴の枯山水庭園に再び動物たちが遊びに来ました。
d0262144_16385747.jpg

d0262144_1639842.jpg


取材を経て、サンレーモと熱海市が姉妹都市と知り、音楽祭で有名な地に日本庭園が存在することを知りました。ヴィラ オルモンドは地中海の植物、ヤシ類や色彩豊かな花で溢れた植物園的なガーデンがあり、その奥に静かな枯山水と池泉庭園が広がります。メンテナンスの難しさもありますが、年月が経っても美しさを保ち続けてほしいと願います。

日本の庭園学を学び続け、イタリア国内で発信をするフランチェスコ氏のますます活躍する姿を取材できたらと思います。と同時に、自分自身、日本庭園についての知識の少なさについて反省しなければなりません。

Grazie infinite a te Francesco Merlo per l’intervista molto interessa.
[PR]
今回はピアモンテ州トリノ(2006年冬季オリンピックが行われた街)の郊外にあるPinerolo(ピネローロ)という町でランドスケープデザイン事務所を営む友人の紹介です。AndreaVigetti(アンドレア・ヴィジェッティ)氏とFrancesco Merlo(フランチェスコ・メルロ)氏の2人によるユニットです。ここは町の中心にChisone(キゾーネ)川が流れ、自然保護地区に包まれた豊かな環境です。
d0262144_8323281.jpg

事務所の庭は日本庭園をアレンジしています。写真を拝見しただけではイタリアだと思えないほど!
d0262144_8325372.jpg

VigettiMerlo HP
http://www.vigettimerlo.com/index.html

★Andrea Vigetti(左)&Francesco Merlo(右)
d0262144_8344682.jpg

アンドレアとフランチェスコは1997年にトリノ大学農学部で出会い、一緒に卒業後、同大学のマスターコース“Progettazione del Paesaggio e delle Aree Verdi(風景と緑環境における設計デザイン)”に進み、ランドスケープデザインを学びました。
2人とも2003年より同学部で教鞭をとる一方、2006年より事務所を立ち上げ個人からパブリックスペースまで緑の環境デザインを手掛けています。
2013年にはScuola Agraria del Parco di Monza(モンツァ市にある歴史の長い緑環境を教える専門学校)よりコンタクトがあり
教え始めました。屋上緑化や壁面緑化技術、ガーデンデザインに加えCADの授業も教えています。
また同大学と連携し、マッジョーレ湖畔の歴史ある庭園にあるツバキやツツジの原種の研究および開発、ピアモンテ州に生息する18世紀代からのシャクナゲ種の研究も行っています。

トリノ大学農学部
http://www.disafa.unito.it/
モンツァ市専門学校
http://www.monzaflora.it/it/

フランチェスコ氏は日本庭園に大きな興味を抱き、2005年に来日、京都にあるResearch Center for Japanse Garden Art di Kyoto(日本庭園リサーチセンター)にて日本庭園を勉強、その後も来日して庭園師のもとで研修経験を積みました。現在はトリノ大学で日本庭園の心、手法など特化した内容も教え、イタリアに和のデザインを広めています。最近は講義の依頼も増えているとのこと、日本庭園への興味の高さが伺えます。
d0262144_8363412.jpg

d0262144_8365068.jpg

フランチェスコ氏
「私は少年時代、13-14歳頃に「ベストキッド」を見て背景に映っていた美しい日本庭園や盆栽に惹かれました。これが私と盆栽との出会い、それから盆栽に魅了されスクールに通ったりナーサリーや山の中で見つけた植物を育てたりしました。どんどん植物の世界に入り込んだ私は言わずもがな、農学部へ進みました。
在学中も盆栽を育て続けていましたが、この美しく独創的な樹形を活かしている日本庭園にも強い興味を持ち始めました。卒業のお祝いに両親から日本への旅行をプレゼントされました…2002年のことです。京都ではこれまで書籍でしか見たことのない日本庭園の数々、配置も空間の使い方もイタリア、フランス、イギリスなどのヨーロッパの手法とは全く違うその場所に包まれ感銘を受けました。もう一つの大きな目的、盆栽作家の木村氏にお会いすることが叶いました。
帰国後、日本庭園に対する気持ちがどんどん強くなりました。ランドスケープのマスターコースに進みながら、日本庭園の独学を始めました。でも書籍だけでは限界がありますよね。3年後の2005年に京都へ再訪を決めました。「日本庭園リサーチセンター」で外国人向けのコースがあって、15〜20日という短いコースでしたが、内容は非常に濃いものでした。ここでたくさんの人と出会い、たくさんの庭園師と知り合いました。その中の1人、牧岡一生先生が研修の受け入れを申し出て下さり、2007年に1ヶ月ほど彼の下でスタッフとして造園業務、メンテナンス等を学ぶことができたのです。」


フランチェスコ氏と私を繋いでくれたのは奈良で造園業を営む増井サチミネ氏、十数年来の友人です。増井氏はイタリアで日本庭園の本を出版しました。その書籍を見てコンタクトをとったフランチェスコ氏と知り合い、増井氏はフランチェスコ氏を通じて牧岡氏とも繋がり、その後、牧岡氏と共にフランチェスコ氏のプロジェクトに深く関わることになります。人の縁の大事さを感じます。

フランチェスコ氏

「京都における研修経験をきっかけに翌年にはトリノ大学で牧岡先生に講義をお願いし、その際、既に友人であった増井氏に通訳を依頼し、大変有意義な授業を受けることが出来ました。その後イタリアから学生と専門家合わせて30人の京都、奈良、金沢ツアーを行うことが叶ったのです!2人のおかげで貴重な日本庭園に出会え、さらに2日間の実施体験として小さな枯山水庭園を施工、これは本当に素晴らしい経験でした。その後も数回、トリノでの講義をお願いしています。
日本庭園の理解は日々勉強が必要です。特に私は借景や縮景の手法、その中で特に「隅掛け」「雁行」を深く学びたい。今、書籍の出版計画も進めています。日本庭園は灯篭、蹲や紅葉、松や竹林を並べるだけではない…その空間の作り方に意味があるのだということを伝えたいのです」


※牧岡一生氏は海外でも数多くの日本庭園を手掛けています。
http://www.teishamakioka.com/
※増井サチミネ氏のHPはこちら
http://www.sachimine.com/welcome.html

昨年の秋にモンツァ市の専門学校で実技演習を行いました。
フランチェスコ氏
「小さな枯山水の模型を砂と石で作製することで学生たちは空間を理解していきます。シンプルな作業に見えますが、この作業で空間をつくる形そのもの、岩の組み方、大きさ、動きのある繋がりなど細部まで把握でき、重要なことなのです。教室での講義の後、実践演習にうつりました。今回は真・行・草の教えに基づいた手法で実際に園路をデザインし施工しました。真の入口、行の渡り、草を終点として、三つの章を物語る庭です。」

★模型をつくっている様子
d0262144_8391051.jpg

d0262144_8392544.jpg
d0262144_8385212.jpg

★真行草の庭施工中
d0262144_840399.jpg

★踏止石(関守石)のある切石敷が厳格な「真」を表現
d0262144_840242.jpg

★「行」を表す延段
d0262144_8404012.jpg

★「草」のくずしを表現する飛石と手作りのモダン灯篭、蹲
d0262144_8405511.jpg

フランチェスコ氏
「牧岡先生から学んだ技術、実践、美しい手法を学生たちに伝えていきます。真の日本庭園に触れ、借景、真似、縮景の手法は全てのガーデンデザインに値するもので、どんなタイプのデザインにも取り入れることができる芸術だと思っています。重森三玲氏の遺作となった松尾大社の松風苑三庭、特に枯山水と立石の使い方に感銘を受けました。私たちは日本庭園を一から造り上げた経験はまだ少ないですが、この手法をさらに自分のものとして極めていきたいと思います。おそらく来年からこの専門学校でも日本庭園学を続けて教える方向です。単発の実技演習は大変好評でしたので、コースとして進めていければとても嬉しいですね」


次回は、フランチェスコ氏が牧岡氏、増井氏と共に造り上げた日本庭園プロジェクトをご紹介します
[PR]
遅ればせながら本年もよろしくお願いします。
このブログに偶然にでもいらした方、イタリアのランドスケープにご興味のある方、楽しく読んで頂ければ嬉しいです。

現地のデザイナーさんのご協力でメール取材させて頂いたり、雑誌を切り抜いたり、遠距離ではありますがゆっくり焦らず・・・のブログです(笑)

筆者は昨年より水墨画をはじめました。
懐かしいイタリアの風景を描いてみています。
★Duomo a Firenze
d0262144_813618.jpg

★Ponte a Venezia
d0262144_823284.jpg

★l'artri(初夏の出展にむけての練習です)
d0262144_83885.jpg

[PR]
イタリアの建築、インテリアやガーデンの雑誌、小冊子など特にハウジング系が増えているように思います。
キオスクや駅構内でも簡単に買えますし、値段も5ユーロ前後、付録小冊子も付いていてお得感があります。
また北に行けば山間のプロジェクトが多く載った雑誌、南に行けば海沿いのヴィラなど土地の特徴をみせる個性的な雑誌にも出会えます。
私は・・・イタリアに住む友人たちがそれぞれ一時帰国の時に数冊買ってきてくれるので最近充実しています・・・有難いことです!
d0262144_10383652.jpg

これまで主にガーデンに特化した雑誌の中から記事をご紹介していましたが、今回は少し建物寄りで。

「VILLE & CASALI」7月号(上記写真の最右上)より北イタリア、オーストリア国境近くのアルプスの山間地、ヴェネト州のCortina d’Ampezzo(コルティーナ・ダンペッツォ)という町の作品です。1956年冬季オリンピックの地であり、夏登山やウィンタースポーツの盛んな観光地、ユネスコ世界遺産のドロミーティの東側入り口の町として知られています。
私自身、訪れたことのない場所ですが、記事を通してその地に少し近づけた気がします。こうして訪れたい場所がどんどん増えるので大変です・・・

IL NUOVO DESIGN ALPINO
アルプスの新しいデザイン~インテリア編~

コルティーナ出身の建築家Ambra Piccin(アンブラ・ピッチン)氏によるインテリアデザインはこの地で使われる伝統的な素材、手法を用い、“高級感あふれる家具+ヴィンテージ”を表現しています。

「近年、この町の建築にとって、新しい試みと進歩へ変えるチャンス、その難しさが課題となっていると思います。
その理由は歴史的価値のあるヴェネトの地であること、つまり文化的な場を守り、観光地としての伝統を継続すべき場所、世界遺産の入り口として、変化ではなく保護が大事だと思われているからです。」

今回の施主はユネスコ世界遺産の地としてのコルティーナを見せると同時にこの地に根付く建築様式の新しい展開、変化を見せることを希望していました。アンブラ氏はトラディショナルなインテリアをベースにモダンデザインを取り入れ、さらにミニマリズムの考え方を混合した計画を提案しています。
室内を使いやすいようスペースを確保し、アルプスのイメージ、地元の素材、珍しく特殊で貴重な材料を検討しながら、
新しい視点で工業製品(建材)も採用、シンプルなラインと穏やかさを併せ持つエレガントな空間を目指しました。歴史を尊重し、壊さぬよう、むしろ作品の中で映えるように強調して使いたい、今回のテーマにおいたデザインは“ヴィンテージ”です。

★自然素材と工業製品、新しいものとアンティークそれぞれの良さを組合せ新しい空間づくりにチャレンジしています
d0262144_10335098.jpg

壁の羽目板、中央のテーブルをメインに家具のラインはモミ材を使用し、水平、垂直と平行、幾何学的デザインで共通させています。天井と梁のデザインも徹底している中で唯一リビングへの出入り口にアールを用い強調しています。床はアンティークモミ材を研磨して敷きました。
キッチンなどの水回りには、色や素材感をあわせた工業製品を主に使っています。

★直線で構成している中に古代の柱を模したテーブルの脚や革張りのアンティークチェアが惹き出されています
d0262144_1034663.jpg

木の温もりに包まれた家にヴィンテージ家具を配置、スツールや革の一人掛けアームソファ、劇場を照らすような三脚型の投光器など・・・。大きく四角形のガラス窓がある壁は羽目板ではなくシンプルな白い塗り壁としています。ダイニングとソファでくつろぐ場を軽く仕切るパーテンションを低くすることで、ダイニングからの窓への眺望を確保しています。

★ソファや家具を低くおさえることで空間が広く、窓の眺望も外の光もダイレクトに目に飛び込みます
d0262144_10342491.jpg

d0262144_10343334.jpg

寝室は特注でデザインされた地元産の石貼バスタブが備わったプライベート性の高い部屋、洗面&トイレは赤褐色に塗られた壁が個性的ですが、これはドロミーティの岩場、採石場の堀跡の色を表現しているそうです。

★寝室から続くテラスからの眺望は格別ですね
d0262144_10345080.jpg

アンブラ氏は新しい山の住まいスタイルとヴィンテージのコラボレーション、ミックスしたデザインを表現しています。

AMBRA PICCIN
http://www.ambrapiccin.it/ihome.html
ホテル、スパやハウジングのインテリアデザインを多く手掛けています。建築修復はアルプスの山小屋の美しいデザインを残しながらのリデザイン、リフォームが特徴的です。この土地ならではの活動もされていて興味深いです。
ホームページは写真やビジュアル、ビデオなども充実していますので是非ご覧になってみてください

VILLE&CASALI出版元のHPはこちら
http://www.villeecasali.com/

皆さんもイタリア周遊の際にはキオスクに立ち寄ってみてください。
建築、インテリアやガーデンだけではなく、料理や趣味、DIYなどの雑誌にも出会えます。最近は英語表記も充実しているようですし、写真が豊富なのでお土産にも楽しいと思います。
[PR]
雑誌I GIARDINI掲載の作品2番目は北イタリアのBrescia(ブレシア)からご紹介です。
d0262144_17101397.jpg

私も以前お手伝いした仕事の現場がブレシアでした。フィレンツェから車で片道5時間、暗い早朝にピックアップしてもらい、泊まり込みで施工に立ち会いました。懐かしい光景が目に浮かびます。この町の北には湖がいくつかあるのですね。
現場に直行直帰だったこともあり、どんな場所だったのか全然わかっていませんでした。
今回の記事は湖のほとりのヴィッラです。

STILE ROMANTICO SUL LAGO 湖のほとりのロマンティックスタイル、情緒的なガーデン
“ガーデンには美しい花の色で溢れる・・・その種類はこの地で生まれ中世からずっと愛されてきたものである”

ブレシアとベルガモの境界に位置するLago d’Iseo(イゼーオ湖)のほとりは優しい田舎の風景が広がる小さな集落に出会えます。Marco Sandrini(マルコ サンドゥリーニ)氏は湖に面した素晴らしいパノラマをもつテラスガーデンを提案しました。斜面敷地を活かし、現地産の石造り壁や階段が風景に奥行を持たせています。
d0262144_17122079.jpg

「最初に必要だった仕事は生い茂った緑を選定整理し、湖へのビューを確保することでした。ガーデンはかなりシンプルでトラディショナルなスタイル、それでいて古臭いわけではない、周囲の風景と建築デザイン様式とも合うものを目指しました。植物は情緒的、甘美な花の種類、地中海性気候にあう種類を組合せています。また建築の壁や外壁にはツル性植物(下垂性、登坂性など)をうまくアレンジしています。舗装や壁の素材は、敷地内の財産と言える元々ある石、砂利、レンガなどを出来るだけ再利用しました。エントランスアプローチの舗装デザインも重要な要素でした。」

d0262144_17124226.jpg

「この魅惑なガーデンにふさわしい植物についてもう少し詳しくお伝えしましょう。この地に生息してきた種類、もちろん地中海性気候に合った植物をベースに選んでいます。オリーブ、イタリアンサイプレス、色彩豊かな種類を際立たせる配置としています。このプロジェクトの本質は多くの美しい種類が互いに混じり合い、ハーモニーを生み出すことです。四季を通じて広いガーデン内の花が咲き続け、常に気持ちのいい場所を目指します。また自然の摂理に任せるローメンテナンスによって、より自然の美しさを見せるのです。」

d0262144_17125696.jpg

<植栽計画>
★高中木類
ノルウェーカエデ・オリーブ・ニワウルシ・イタリアンサイプレス・ゲッケイジュ・カキノキ
オーナメンタルペア(マメナシ品種)・ザクロ・ミズキ各種・イロハモミジ・サルスベリ・イヌリンゴ他
★低灌木類
ヒペリカムヒデコート・ラベンダー(真正種)・シモツケ・アナベル・ロシアンセージ・サントリナ・ロニセラ・トベラ
タニウツギ フロリダバリエガータ・スキミア・アベリア・矮性バラ各種・マホニア(ヒイラギナンテン交雑種)他
★地被草花・ツル性類
アネモネ・アガパンサス・ヘメロカリス・サルビア(ハーブ)・ギボウシ各種
ヘデラ各種・ジャスミン・ツルバラ各種 他

SANDRINI Green architecuture
http://www.sandrini.it/index.php
ブレシアを中心に、アブダビ、マイアミと海外にも支社をもって活動しています。代表のMarco Sandrini氏はミラノ、パドヴァで学び1993年に事務所を立ち上げ現在に至ります。
小さなテラスから大きな敷地、ガーデンまで、プライベートにパブリックと幅広く手掛けており、植物の性質をよく把握し、四季を通じた美しさを表現するべくデザインを提供している。調査、照明+給排水設備計画、メンテナンスも行い、トータル的に仕事を請け負っています。
[PR]