今夏、ミラノの再開発エリア「Porta Nuova地区」を見学し、垂直の森訪問が実現しました。
d0262144_171441.jpg

ランドスケープアーキテクトのLaura Gatti氏のご厚意によりレジデンスの中にも入れて頂きました。
彼女は植栽計画を担当し、現在もメンテナンス業務を担いながら植物の変化を記録しています。
夏は緑のグラデーションがベースですが、涼しげな白花のサルスベリを点在させています。
d0262144_17341100.jpg


2016年夏現在18階、26階のツインレジデンスのほぼ80%入居、分譲が半分以上を占めるようですが、賃貸物件もあります。入居者は外国人が多く、見学中に日本人賃貸者にも偶然お会いしました。
天井の高い1階エントランスラウンジです。
d0262144_1753310.jpg


最初の植栽工事から4年、入居から2年弱が経ちました。
成長する樹種、淘汰されて朽ちる樹種など記録を取り、植替えや剪定など定期的に行っています。
上層階に上がってきました。隣の棟、太陽光パネルの備えた屋上が見えます。
d0262144_1764368.jpg

眺望がすばらしいです。
d0262144_17184599.jpg

d0262144_1719133.jpg

東西南北でそれぞれの環境に合った樹種選定を行いました。設計当時は北面は厳しいのでは?という意見も多く実験的要素が高い面でしたが、数年経ってみると、光もいい感じに差し込み成長スピードも安定してきています。北面の低層階については植替えも行いましたが、中~高層部は落ち着いた状態です。逆に南面は成長し過ぎてメンテナンス頻度も増やしたほど、この夏もかなり増えて成長したので晩夏~初秋にかけて強剪定をかけるとのことです。南面は落葉が多く、夏は日光を遮り、冬は温かい光を受け快適な室温になります。
d0262144_1782495.jpg


入居者は当初、鳥のフンや虫害に神経質になりがちでしたが、緑量による夏の室温低下、外壁温の違いを生活する中で体感し、理解し始め快適に住まわれているようです。高層で緑に包まれることの特別感やステイタスを感じていると思います。
d0262144_1785722.jpg

実際に暑い夏に訪問し、昼間なのに涼しい風に変化する緑のパワーを実感しました。
外壁も直射日光の当たる場所は熱くて触れませんが、日陰は温かい程度でした。太陽の動きで少しずつ変わるのでトータル的に外壁温はかなり下がるようです。
緑の恩恵、生き物のエコシステムを理解しながら住んでいる人が増えてきたということでしょうか?
d0262144_1711386.jpg

テラス縁部、植栽の立上りは通常の手摺高より少し高めになって高層の恐怖感を和らげているとのことです。この立上りの手前までが分譲・賃貸の範囲で、土壌を含めた植栽エリアはデベロッパーの所有物であり全管理下にありますので、住人が花壇として利用することは出来ません。
d0262144_17101757.jpg
d0262144_179435.jpg


屋上の太陽光発電による自動灌水装置で水やり、機械室の制御装置でプログラム管理を行いっています。状況により変更したり、問題点を修正しながら実験数値を記録しています。
私が訪問した時も一部灌水チューブからテラス側に水が垂れてしまっており、すぐに報告していました。
Laura氏は定期的にマンション共用部内を回遊し小さな綻びを管理会社と共に解決しています。
d0262144_17121366.jpg


通常メンテナンスは鳥人間、Ningia忍者とも呼ばれる職人がロープに吊られて点検しながら剪定します。
高木は倒壊しないように、万が一折れた時に落下しないように1本1本ケーブルで繋いでいますが、これまで問題は起きていません。植樹前から2年ほどかけて根鉢をつくり、プランター内の特殊な環境で生育できる樹木たち、現在も生育状況は良好です。土壌についても深さが1m内外あるため、エコプランターシステムとして軽量土壌、堆肥、軽さと頑丈さ、機能を備えています。
d0262144_17124750.jpg

ミラノは風が少ない地域ということもありますが、施工前の風洞実験や模型による風当り実験などを経て、かなりの暴風に耐えられる環境を造り上げていますので、8mの大木でも安全に植えられているのです。

重量については、3m以上のキャンチレバーでの張り出し(角部はMAXで7m強)に対する構造についても実験を重ねて施工法を生み出したとのことです。
日本では法規上、面積換算や避難など困難な壁がありますが、イタリアはどのような法規制があるのか?これは建築家に聞いてみたい内容ですね。過去に日経アーキテクチュアでも建築的な記事が配信されていたと記憶しています。

2014年に載せた施工中のインタビュー記事も合わせてご覧ください。植栽計画の方では、エコプランターシステムの様子をご紹介しています。

Bosco Verticale-1 ミラノ再開発「垂直の森」
http://verdetosca.exblog.jp/20565240/

Bosco Verticale-2 「垂直の森」の植栽計画
http://verdetosca.exblog.jp/20639690/

インテリアはとてもシンプルなデザインになっており、購入者、賃貸者の個性が発揮できます。
d0262144_17163246.jpg

部屋によってはインテリア会社がトータルコーディネートにて家具を全て揃えてくれる計画も可能だそうです。
全面が窓のバスルーム、夜景を見ながらいかがでしょうか?
d0262144_17171656.jpg


21階に住む住人のインタビュー映像と植栽メンテナンスの様子(少し)が見られます。
かなり斬新なインテリア空間に驚くかもしれません・・・
(イタリア語:2016年6月5日現在)
http://video.corriere.it/dentro-bosco-verticale-ecco-come-sono-lussuosi-appartamenti-15-mila-euro-mq/f53c31e0-2a31-11e6-9c68-4645b6fa27fd?refresh_ce-cp

現在でも国内、海外問わず見学に訪れる人は多く、Laura氏も講演を多数依頼されています。
もうすぐ5年、そして次の5年、たくさんの貴重なデータを基に更に新たな挑戦が続きます。
海外からの「垂直の森」設計オファーもあり、その土地の環境を知ることからスタートだと話していました。

また数年後の・・・次は紅葉の季節に訪れたいと思います!!
出来れば春夏秋冬・・・全部訪問したいですが、それには住むしか・・・。

■STUDIO LAURA GATTI
http://www.lauragatti.it/
Grazie mille per tutti,Laura.
[PR]
前回のブログでもお話しましたが、トレントから移転してきた美術館をご紹介します。

MARTはMuseo d'Arte Moderna e Contemporanea di Trento e Roveretoの略、トレントから電車で15分の隣駅Rovereto(ロヴェレート)から徒歩で15分ほど。
ニューヨークのMOMA、東京のワタリウム美術館、多くの有名建築作品を持つMario Botta氏の作品(2002年オープン)です。
d0262144_17241653.jpg

旧MARTはトレントに1987年に誕生し、2002年までその場所にありました。そこはPalazzo delle Albere、先日ブログでご紹介したレンツォ・ピアノ氏の自然科学博物館の前の風格ある建物です。
d0262144_17243926.jpg

貯蔵する作品が増え、1991年より移転計画がスタートしたとのことです。
イタリアの未来派アーティスト、Fortunato Depero(フォルトゥナート・デペーロ1892-1960)の生家があった場所に建てられています。
d0262144_17255396.jpg

1919年には未来派芸術を生み出す工房としても使っていたようです。彼は画家であり彫刻家でありながら、建築、舞台、服飾やグラフィックデザインも手掛けていましたCAMPARIカンパリのボトルデザインなら誰でも目にしたことがあるでしょう。彼自身も自らの作品を展示するミュージアムをデザインしたこともあり、現在でも作品として残されています。
d0262144_17285762.jpg

MARTにはデペーロの作品を含め10000点以上の未来派、前衛アートが展示されています。
未来派と土地の歴史、古典建築のクーポラ(半球体屋根天井・ドーム)をデザインに取り入れ、未来に続く建材(鋼材・アクリル・ガラス)によって透明感を表現することで温故知新の精神を感じました。
訪問した時、残念ながら雨でした・・・が、クーポラの迫力はどんよりした空にも映えています。
高さ25m、直径40mの透明な空間に入ると、気分がすっと変わります。
d0262144_17282255.jpg

本当はこんな真っ青な空の下で訪れたかったです!
d0262144_17265684.jpg

ROVERETO E VALLAGARINA Azienda per il Turismo
http://www.visitrovereto.it/scopri/musei/mart-rovereto/
ロヴェレートのツーリスト情報HPより抜粋させて頂きました

外壁の石は地元産、ロヴェレートの材料だそうです。

ロヴェレートの街を歩いてみました。雨に濡れてしっとりと佇んでいます。
d0262144_17314618.jpg

静かな小さな街ですね。
d0262144_1731116.jpg

d0262144_1732967.jpg

中心の教会、赤褐色と白が映えます。
d0262144_17322628.jpg

この街でも外壁の壁画が見事です。
d0262144_1733282.jpg

街と美術館の中央に車のロータリー、ここから駅まで真っ直ぐマロニエの並木道が続きます。
d0262144_17324920.jpg

d0262144_17334679.jpg

駅のデザインもロヴェレートの古い街並みを繋いでいます。雄大な山並みの前に赤白のコントラストが映えています。
d0262144_17335953.jpg

マリオ・ボッタ氏はトレント大学(法学部)のデザインも手掛けています。
http://www.tekne.ws/76,Portfolio.html
d0262144_17343742.jpg


北イタリアへのショートトリップでしたが、時間があるなら、ゆっくり回りたいです。
[PR]
2回にわたりトレントの再開発のご紹介をしましたが、今回はトレントの旧市街をお届け!
この地域は紀元前4世紀から街が存在したと言われています。

トレントはミラノから列車で3時間(ヴェローナで乗換)、トレントに近づくにつれて大きな山が切り開かれた迫力ある崖に挟まれるようにして列車が進みます。
トレントはトレンティーノ・アルト・アディジェ州の州都、北はオーストリア国境と接しているのでドイツ語も聞こえてきます。
イタリアとドイツの2つの文化が混ざり、ルネッサンス時期の面影が強く残ります。中世ルネサンス期のパステル調塗装や木造バルコニーなどが当時のまま修復されているのも特徴です。
夏のバカンスシーズンで訪れる観光客とすれ違うと、イタリア語よりドイツ語が・・・。
トレント駅を出ると空と山並みが広がっています。
d0262144_17262541.jpg

駅前の公園(giardini pubblici)の緑がキラキラしていました。
d0262144_17264173.jpg

Abbazia di San Lorenzo 駅降りて、最初に目に入る教会です。(12世紀)
d0262144_1727361.jpg

街の中心はドゥオモ広場、到着した時には朝からの市場でにぎわっていましたが、午後になるとゆったりとした時間が流れています。
Cattedrale di San Vigilio(右)
通称ドゥオモ、ロマネスク+ゴシック様式のミックスです。(12世紀)
Palazzo Pretorio&Torre Civica Cathedral(左)塔の頭の形が印象的です。(12‐13世紀)
d0262144_17293056.jpg

Case Cazuffi – Rella(正面)
壁画が美しく残されていますね。外壁の壁画はトレントの特徴です。
Sacristia Del Duomo(左)
色彩が美しい壁面ですが、このようなパステル調の塗装もまたよく見られます。
d0262144_17303939.jpg

fontana del Nettunoドゥオモ広場の中心、ネプチューンの噴水はバロックの象徴です
d0262144_17312584.jpg


ドゥオモ広場から真っ直ぐ続くメインの道Via Rodolfo Belenzani、外壁の壁画が美しく残されています。
歩いて行くとChiesa di San Francesco Saverioがドゥオモと向かい合うようにして建てられています。
d0262144_17335324.jpg

Via Rodolfo Belenzaniからドゥオモを見ると・・・夕日が差し込む時間でした。
d0262144_173730100.jpg


宿泊はこの道沿いのB&Bでしたが、手に渡されたのは4種類の鍵!
メイン玄関(重厚な木扉)、エレベーター(上階にあがる専用キー)、テラス入口、部屋の鍵・・・
外から見たら中の様子は全く想像できませんが、中庭があり・・・階段室もいい雰囲気です。
d0262144_1739076.jpg

d0262144_17391466.jpg

そして秘密の隠れ家のようなテラスから、ドゥオモ広場のTorre(塔)が見えます。
d0262144_17381521.jpg

d0262144_17384170.jpg


街を歩くと外壁の色彩、舗装のデザインなど凝った表情にたくさん出会います。
d0262144_17394741.jpg

トレントはたくさんの芸術家、建築家が生まれた場所で、街の中に歴史を刻んだデザインが溢れているそうです。

この写真の奥に見えるのは城壁の名残です。
d0262144_17405353.jpg


今回の旅は、この街で友人夫婦が建築設計事務所を営んでおり、会いに行くことが目的でした。

BURNAZZI FELTRIN ARCHITETTI(以前の紹介記事)
http://verdetosca.exblog.jp/20088804/
これまで何度もメール取材に応じてくれていましたが、やっとお会いする機会が出来たのです!

ご一緒したレストランで、トレント郷土料理を頂きました。
d0262144_17411824.jpg

一緒に夜の散歩をしました。温かい光に包まれた街、気持ちいい!
d0262144_17413776.jpg

d0262144_17415018.jpg

街の中、車で回って頂いたところは写真はありませんが、とにかく小さな街なのに城や教会が多い印象でした。

16世紀のトレント公会議(宗教会議)を境に街の名が有名になり、司教公支配だったことで教会が多いようです。

そして今、どれも美しく修復がされ保存されている・・・トレントが国内では裕福である方の街というお話を聞きましたが、何となく納得です。

一泊だけでしたが素敵な滞在でした。
[PR]
Le albere レ・アルベレ開発地区
アルプスの山々に囲まれた山脈ラインをイメージしたトータルデザインとグリーンをメインカラーとして特徴づけた街並みです。
前回のブログの通り、敷地のほぼ半分が芝生広場中心の緑エリア、周囲の山並みと繋がって見えます。
住宅300戸、オフィス用地18000㎡、店舗用地9000㎡、オープンスペース(広場、街路、水路)28000㎡、緑地が5haとなっています。

aerial view俯瞰図
Designboom feb 25 2012記事より抜粋させて頂きました。
d0262144_11112483.jpg

大きな芝生広場の緑は山並みに繋がっています。
d0262144_11152395.jpg

d0262144_1132447.jpg

CASABELLAというイタリア建築・デザイン総合誌内の記事では「魔法から覚めた山」と名付けられていました。山々に包まれ山脈をデザインに取り入れた「山の街」として誕生してから4年強、店舗も入り、アパートメントも宿泊者が増えてきているようです。Designboomの記事内にあるパースにような活気ある場所になるでしょうか!?
d0262144_11281433.jpg

夏に訪問した際、博物館の賑わいとは逆に、街の中は人がまばらでした・・・バカンスシーズンで逆に人が少ないということもありますね。
みんな夏は海や山の中へ移動してしまうので。

「Albere」、alberoは樹という意味ですが、このプロジェクトではギンドロ(Populus alba/Pioppo bianco)を意味しています。
ギンドロはヤナギ科ポプラの仲間、日本でも北海道で並木道に使われる葉裏が白い爽やかな木です。
d0262144_11291376.jpg

また隣接するPalazzo del Albereの名前にも由来しています。
d0262144_1151568.jpg

この建物は1987-2010 MART近代美術館であり、2011年修復を経て、2012年からはMUSEに関連したテンポラリー展示に対応したり、講演や展示会に使われています。MARTはトレントから電車で15分のRoveretoという街に移転されました。

博物館を出てメイン街路を進むと、バルコニーや窓前に木材による印象的な格子模様をデザインし、グリーンのカーテンの連続に目を奪われます。
d0262144_11345961.jpg

d0262144_11353439.jpg

木材はこの地方で昔から使われる材料であり、旧市街のバルコニーなどにも使われてきました。大きな窓があるので明るく広々とした部屋、内装にも大理石、セラミックと木材がふんだんに使われています。地下駐車場は2層、2000台、高度な安全システムに守られています。
アパートメントは芝生の庭を囲むように建っています。
d0262144_11375043.jpg

d0262144_113879.jpg

建物はどちら側からも緑に包まれています。
d0262144_1144681.jpg

d0262144_11441989.jpg

屋根には全面的に太陽光パネルがつけられ、窓の断熱性能もコンピュータ制御されているそうです。
d0262144_11364861.jpg

メイン街路と先の方で繋がるように建物に沿って曲線を描くもう一つの街路は水路が走ります。この水路はMUSEを囲む池に繋がっていて、火災時の機能としても考慮されています。
d0262144_1139169.jpg

舗装も地元産の石材、赤褐色のRosso Trento(ロッソ・トレント)と大理石系のVerdello(ヴェルデッロ)を使っています。
Verdelloはベルガモの街名でもあり、北イタリアの特徴ある材料のようです。このように地域の材料を使うことでトレントの歴史を繋ぐコンセプトとなっています。
d0262144_11393490.jpg

このプロジェクトはミシュランタイヤの生産施設の跡地であり、再開発にあたってはエコロジーの持続可能性を最大限実現させる方向でアイデア検討が進みました。ブラウンフィールド(汚染土壌の可能性がある土地)をグリーンフィールドに変えることが目標になっているとのことです。
d0262144_11402382.jpg

d0262144_11404234.jpg

友人の話によると
トレントには若い建築家が多く、このプロジェクトも初期には地元の若手建築家によるアイデアコンペも行った経緯があるようです。
ただ村を活性化するにはやはり有名な人物が必要ということもあり、レンツォ・ピアノ氏が表舞台に上がりました。
個人的には若手建築家との対談やコラボレーションなど行って、本当の意味での活性化に繋げるというようなアイデアも無かったのかなと感じました。

この先の街の成長にとても興味があります・・・
[PR]
北イタリア、Trentino Alto Adigeトレンティーノ・アルト・アディジェ州の州都Trento(トレント)に2013年の夏に自然科学博物館がオープンしました。この地域はオーストリアだった時代もあり、街の中はドイツ語も聞こえてきます。

博物館を含むこのエリアはアディジェ川と鉄道に挟まれた元ミシュランの跡地、建築家Renzo Piano(レンツォ・ピアノ)氏による村おこし再開発プロジェクトです。
「Le Albere」複合施設(マンション、アパートメント、オフィス、店舗+博物館等)6ha、緑地公園5haの約11haの大きな開発であり、北イタリアに例が無いことで注目されています。

MUSE Museo delle Scienze 自然科学博物館

http://www.muse.it/it/
雄大な山々をバックに建つ博物館です
尾根をイメージしたデザインになっています
d0262144_10491645.jpg

エントランスには気持ちのいいカフェがあります
d0262144_10575642.jpg

広場には面白い作品が点在しています
d0262144_10585076.jpg


斬新な造りの博物館は大きな吹き抜けで全フロアが繋がっています

吹き抜けにたくさんの動物のはく製がレイアウトされていて圧巻です。
d0262144_112154.jpg

まず最上階までエレベータで上がり、テラスに上がると・・・
d0262144_1131094.jpg

駅舎と線路の先に旧市街が見渡せます
d0262144_113405.jpg

この古い建物は最近まで美術館でした。
美術館は現在近隣の街に移転しましたが、その話は引き続きブログでお伝えする予定です
d0262144_1194070.jpg

反対を見ると再開発地の新しい建築群の屋根が連なります
d0262144_1115592.jpg

展示ルートは上から順番に降りていくようになっています
d0262144_11153548.jpg

リアルさ、実物に触れる展示に加え、コンピューターをふんだんに使ったクイズ式、対話式、ゲームや遊びを備えた独創的な空間です。
d0262144_11164560.jpg

子供たちが遊びながら学べる科学の不思議、みんな盛り上がっていました。
d0262144_111626100.jpg


企画展示はかなりの頻度で変わり、いつ来ても新鮮な空間に出会える博物館です。幼稚園の子供たち、理科の授業の一環で訪れる小中学生の姿も多くみられました。
北イタリアに熱帯雨林!?植物園も隣り合わせです。
d0262144_11172711.jpg

d0262144_11174956.jpg



次回は北イタリア トレントの村おこし再開発プロジェクト②に続きます。
Le albere レ・アルベレ開発地区を歩いてみましょう。
[PR]