<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

以前ブログでご紹介したラクイラ地震後の復興プロジェクトである集会施設が竣工しました。

BURNAZZI FELTRIN ARCHITETTI作品紹介のページはこちら
(※写真の著作権は全てBURNAZZI FELTRIN ARCHITETTI& Paolo PEGORETTIに帰属します)

2011年   設計・デザイン
2014年初  着工
2015年秋  竣工

★緑に包まれたPoggio Picenze(ポッジョ ピチェンツェ)の新しい中心施設になりました.。
風景に溶け込む集会施設は天然オーク材が貼られ、屋根緑化プラスこれから成長するツル性植物によって緑のカーテンやパーゴラに包まれていきます。
d0262144_16265426.jpg

d0262144_1627921.jpg

d0262144_16271928.jpg


→以前の記事はこちら
設計デザインのコンセプトやパースを紹介しています。

★施工中の模様(2014年春)
d0262144_1629217.jpg

d0262144_16291438.jpg


★ツル性植物がロープを登っていきます(2015年秋)
これから冬のシーズンに入りますので、本当の成長は来春ですね。それまではこのカラフルなロープが目を楽しませます。
d0262144_16293768.jpg

d0262144_16295084.jpg


★緑のトンネルゲートになるのが楽しみです
d0262144_1630787.jpg

植栽のメインはオーナメントグラス(イネ科植物のカラーリーフ中心)、要所にはシデ(日本ではなかなか使いません)、ツル性はクレマチス常緑、落葉のミックスです。
ロープは気温差による膨張や収縮が少ない素材を選んでおり、昼夜の気温差が大きい地域で有効のようです。

★インテリアはホワイト&グリーンに統一されて爽やかな装いになりました
d0262144_1631342.jpg

d0262144_16311799.jpg


★夏は緑のカーテン、冬は落葉して光を取り込む大きな窓、季節の風景の変化が感じられるでしょう
d0262144_16313044.jpg


9月末に町の落成式が行われ、長年のプロジェクトが完成、と同時に町の中心として住民同士のコミュニティの場がスタートです。町と共に歩んでいく姿を今後もリポートさせて頂ければと思います。

★La Provincia HPより画像抜粋させて頂きました。
「大地は揺れた、我らの心は揺れず」
d0262144_16314691.jpg

d0262144_1632411.jpg


La provincia
ではスクロールするとオープニングイベントのムービーが見られます。
(音が出ますのでご注意ください)

Grazie per l'intervista BURNAZZI FELTRIN ARCHITETTI.
[PR]