<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Parco Chico Mendes チコメンデス公園

公園の名前であるChico Mendes(チコメンデス、シコメンデス)はゴム樹液採取者として働く一方、環境保護活動を行っていた人物です。ブラジルにおける熱帯雨林保護活動を展開し、森林伐採による温暖化や環境破壊をかかげ、反対運動を行っていた最中に暗殺されてしまいました。
南米、ヨーロッパでは彼の活動に共感し、死後に彼を讃える曲や詩も作られたようです。ポールマッカートニーのアルバムの一曲にも副題で“チコメンデスに捧ぐ”とあります。
時期同じく、ヨーロッパでも公園や施設に彼の名前をつけたものが多く残されています。イタリア国内にはParco Chico Mendesという公園が数か所あるようです。

フィレンツェの郊外、Campi Bisenzio(カンピ ビセンツィオ)という町にあるチコメンデス公園は約15ha、大きな沼池をもつ自然あふれる公園です。
d0262144_11193882.jpg

d0262144_11202418.jpg

公園としてのスタートは2000年9月、1980年代は建設砂の採掘や廃棄物の捨て場になっていました。当時は不法投棄の制限や法律が定まっていなかったことで空いている土地には粗大ゴミが多く捨てられていたそうです。1993年にトスカーナ州の環境改良計画エリアとなり、1998年に公園整備設計が承認され生態系の回復や緑化、一部埋め立てなどの施工となりました。現在は町の所有のもと非営利団体が管理を行っています。
d0262144_11211476.jpg

ゴミの種類によって特に産業廃棄物や有害物質は廃棄場を定めて移設、掘り起こした場所は土壌改良と共に新たな土を充填し豊かな植栽を施しました。
沼池、湿地帯や森林を整備し、動植物の生息地が息を吹き返しました。植物の多くは動物の食に繋がる種類、鳥の巣も一部人工的に配されました。もともとこの地に生息していた動物、鳥類、魚類を戻そうと人工湖も整備されています。
公園はフェンスで囲われ管理されていますが、野生動物類の自由な移動を妨げないようフェンスに沿ってバッファーや緑が覆い、視覚的にも巨大なビオトープを形成しています。
d0262144_11214323.jpg

d0262144_1122010.jpg


子供たちは自然に住む動植物に触れ、観察が出来ます。一部動物と遊べる場所もあるようですが、娘が遊具のある公園から離れなかったので触れ合うことはできませんでした。
d0262144_11222334.jpg

d0262144_11224259.jpg

公園で出会ったお友達と一緒に遊んでいます。言葉の壁は関係なさそうです。
d0262144_11225848.jpg


この公園がある町カンピ ビセンツィオは緑豊かで公園やガーデンが多く子育て世代に人気のエリアのようです。
フィレンツェ市内も近く便利で環境のいい住宅地なのですね。
[PR]
前回Villa I Tatti-1の続きです

Garden-Villa i Tatti
http://itatti.harvard.edu/i-tatti/gardens-grounds/gardens

メインガーデンは、前ブログのエントランスや受付のある館からは全く見えず、ガイドさんに連れられてメインヴィラの中庭に(それも横の方から)入って初めて場所が把握できました。メインヴィラから一望、かつそのままトスカーナの風景にも繋がる造り、ここもまた風景に向かって斜面になっています。
d0262144_11145771.jpg

d0262144_11153019.jpg

1909年から行われたガーデン修復のスタートはヘッドガーデナーのための小屋と給水ルートの確保でした。水の確保はもちろん緑の生育のため、特にイギリス芝を美しく保つために欠かせないものでした。ガーデンの一番上に埋設してある水槽より分水しているようです。

階段を下りていくとだんだんとガーデンの中に取り込まれていく感覚、最初の眺望は高い刈込の生垣に隠れていき、気づくと緑の壁に包まれています。
d0262144_11162957.jpg

d0262144_11165948.jpg


水面のある場所まで下りてくると周囲は緑の壁です
d0262144_11175649.jpg

更に下に降りる階段の踊り場が見えてきました
d0262144_11183071.jpg

振り向くとメインヴィラがそびえ立ち、緑のラインがヴィラに向かって繋がっていることに圧倒されました。
ガーデンの共通項として“ヴィラ⇔ガーデン⇔風景”繋がりと連続感をここでも体感できました。
前述の中庭とメインガーデンの間にあるウォールの存在もわかりますか?
d0262144_11192024.jpg


1912年春~夏にかけ、小石の構成による美しいモザイクの階段の施工が行われました。第一次世界大戦があり中断を余儀なくされた作業も、戦後復活し完成に至ったということです。このモザイクは現在なお賞賛される作品です。
d0262144_1121352.jpg

階段を下りると一瞬違う場所?と思うくらい周囲の風景がかわり空気もひんやりしました
d0262144_11224180.jpg


メインガーデンの両側には必ず戻るルート(バックヤード、メンテナンス動線)があります
その風景すらメインには負けていません
d0262144_1123288.jpg
d0262144_11241260.jpg

d0262144_11241283.jpg


日々メンテナンスを続けるガーデナーさんの表情は真剣でした。娘がつい砂利に触れると注意を受けました。
砂利の道には常に薬が撒いてあり雑草が生えないようにしているのです。
プロ意識の高さはいろいろな場面で見られましたが、ガーデンメンテナンスのハイレベル(きっと費用も)さにも圧倒される思いでした・・・・
[PR]
前ブログのVilla Gamberaiaの近く、フィレンツェを見下ろす丘の上に佇むヴィラです。

Villa i tatti
http://itatti.harvard.edu/

ハーバード大学イタリア・ルネサンス研究センターVilla i Tatti(ヴィラ イ タッティ)は、19世紀後半に活躍した歴史家・美術批評家Bernard Berenson(バーナード ベレンソン)が同大学に遺贈した施設です。フィレンツェ近郊に存在する16世紀以来の邸宅や歴史、文学、音楽、哲学、科学、神学、美術といった様々な領域におけるルネサンス期の研究所となっています。
ベルナルド氏と妻のメアリー氏の貴重なコレクションや書物、写真も多く残され、図書館に保管されています。
イベントも多く開催され、カンファレンス、レクチャーなどルネッサンスを語る場やコンサートが行われています。

エントランスはモダンなウェルカムガーデンがあります
d0262144_10523937.jpg

d0262144_1052525.jpg


バーナード(ベルナルド)・ベレンソン(1865-1959)はリトアニア出身のアメリカ人ですが、ユダヤ人の家庭に生まれます。父は1875年一家と共にボストンに移住しベレンソンに姓を変えたといいます。
彼はハーバード大学卒業後、イタリアに移住しました。
余談ですが、有名な『ハンニバル』では、主人公ハンニバル・レクター博士はベレンソン家の親類という設定になっています。ちょうどハンニバル撮影時、フィレンツェ在住だった私ですが日本人エキストラのアルバイトを多く募集していてお声がかかりましたが、運悪く一時帰国と重なり出演できませんでした。後日映画を見て友人が何人か出演していて残念な思いをしました。

メインヴィラです。この手前の斜面にガーデンが広がりますが外からは全く見えません
d0262144_10541160.jpg

建物際のジャスミン、ゼラニウムの鉢が美しく管理されています
d0262144_1055395.jpg

メインヴィラとメインガーデンの間にもプライベート性の高い中庭があります
中庭に立つとメインガーデンとの間にもうひとつエントランスウォール(建築物)があり、大きなアーチの窓からガーデンを切り取った形で見せます。どこまでも“じらされる感”があり、気持ちが高まっていきます。上手な手法です
d0262144_1105931.jpg

ベレンソン夫妻がイ タッティ邸を購入したのは1905年、当時はガンベライア邸と同じく広大な農地を持つ農家でした。
現在美しく保存されているガーデンは1909年、ヴィラの改築、増築と共に修復されたものです。その際、トスカーナの多くの庭園を手掛けているイギリス人造園家Cecil Pincent(セシール・ピンセント氏:前ブログのLa Foceも彼の作品です)に設計を依頼しています。ガーデンとその植栽施工にあたったのはGeoffrey Scott(ジェフリー・スコット氏:建築史家で妻メアリーの古い友人)、ピンセント氏と一緒に詳細まで検討し作り上げた作品です。
1961年にハーバード大学に寄贈された後も長きに渡りガーデンの維持保存がなされてきています。

見学スタート、バックヤード的なルートには竹林がありました
d0262144_1125993.jpg

メインガーデンに入る前に建物に付随した小さなガーデンを見学しました。秘密の庭と言うほどではないのですが、階段を上がらないと存在がわからない屋上庭園です

階段を上がり・・・
d0262144_1141525.jpg

美しくデザインされた人工地盤の庭、薬草を囲んだ頃のデザインを思わせます
d0262144_116447.jpg

d0262144_1161760.jpg

下を見下ろすとメインヴィラの側面です
d0262144_1165525.jpg


ガーデンの見学は基本的に未公開、完全予約制(ガイド付グループ)で曜日も時間も設定されます。
http://itatti.harvard.edu/i-tatti-glance/visitor-information
12歳未満の小人は見学不可ですが、今回は日本から訪問ということで特別に娘も一緒に見学を許可されました。
撮影は自由ですが、ブログやフェイスブックなど以外の記事、雑誌掲載は不可とのことでしたので、このブログの画像へのアクセスはご遠慮ください(今までもブログ内の画像については同様のお願いをしていますが)。

メインのガーデン→次回に続きます。
[PR]
Villa Gamberaia-1,-2に続き、最終回です

ここでもう一度HPと拝借したマップを・・・
http://www.villagamberaia.com/it/benvenuti
d0262144_1642591.jpg


Giardino Limonaia & Limonaia:レモンと柑橘類の庭&温室
有名な庭園には必ず存在する温室、主に冬季に活躍します。
柑橘類は外での越冬は難しく、暖かい季節に庭に並べられた鉢類は、寒くなる前に全て建物の中に運ばれます。温室と言っても、ガラス張りではなく、住居のような石造りの場合もあります。空気の入れ替えなどの為に大きな窓がついていることが多いようです。

Giardino rusticoより藤棚を上るとレモンの庭につきます。左上の建物が温室建屋です
d0262144_16105746.jpg

温室側よりレモンの庭を見ています、奥の建物がVillaです
d0262144_16125910.jpg

d0262144_16133051.jpg

レモンの庭は屋上庭園(人工地盤)になっています。高低差は結構ありますね。
d0262144_16151435.jpg


Bowling Green=Il gioco delle gocce:ゲームの庭
何を示しているのか?わからなくてイタリアの友人に聞きました。イタリアにはgocceというボーリングに似たゲームがあり、そのゲーム用の長い庭という意味だと教えてくれました。
ゲートボールに使う球より少し大きいくらい、手で転がして直線方向にある穴に入れるゲームです。ボーリングとパットゴルフ、いろいろな競技が混ざっている感じですが、イタリアのオリジナルのようです。
確かに・・・長い芝生です。
左手の建物はマップ上のNettunoです。
d0262144_1623867.jpg

その先にニンフの神殿が見えてきました。
d0262144_16245020.jpg


Ninfeo:ニンフェウム、ニンフの神殿
Ninfeoには①ニンフを祀った神殿という意味の他に、「②ローマ時代の噴水や彫刻、彫像と花壇のある建物」、「③バロック時代の噴水のある館」という意味があります。
ここでは形状的には②のようですが、名前としては①にしておきます
ニンフェウムの前に円形の花壇が特徴的でした。
d0262144_1635420.jpg


マップ上のVilla、Cappella、Nettuno、Limonaiaには宿泊が可能です。
http://www.villagamberaia.com/it/gliappartamenti
このサイトから、それぞれの“view photos”を見ると間取りなどの情報が見られます。
宿泊条件は結構細かいようですが、あの静かな場所、夜はきっと光も少なく・・・私はちょっと怖いです。

イタリアの庭園のデザインやアイテムには、まだまだ謎がいっぱいです。
間違っている内容がないことを祈りながら書いています・・・・
[PR]
Villa Gamberaia-1の続きです

1300年代後半、この土地はサンマルティーノ修道院所有の農家があり、Gamberaia(ガンベライア)と呼ばれていました。
Gambero(ガンベロ:エビ、ザリガニ、サワガニ)の住む水流(水道)があったことよりその名がついたようです。

1400年になると持ち主はこの地、セッティニャーノの出身Bernardo Rosserino(ベルナルド・ロッセリーノ:建築家、彫刻家)に変わりました。
本名はBernardo da Matteo di Domenico gamberelli、エビは赤いということでRosso(ロッソ)→Rosserinoとしたようです。本名は長すぎるので、この方がわかりやすいですね。

更に1600年代に引き継いだ家主によりヴィラと庭園の修復が行われ、18世紀初頭に敷地は100ha、15ヶ所の農家を所有する規模になりました。この時期にほぼ現在の庭園の骨格が誕生しています。

その後所有者が頻繁に変わり、第二次世界大戦後は一時期バチカン市国の所有になったこともあります。
1952年にMarchi(マルキ家)の所有となり、その後子孫によって修復保存が続けられています。

ガンベライア邸HPより拝借したマップです。名称は日本語直訳、なかなかいい日本語が見つかりません。
d0262144_1605187.jpg


前回のブログで門から糸杉の高生垣をお見せしましたが、軸線の先がマップ上の“Villa”です。
Villaを左に見ながら芝生のテラスを歩き、メインガーデンへ
d0262144_1265491.jpg

Parterre d'acqua:水の花壇、水の庭
Villaの中心に対し線対称のガーデン(水の花壇)が広がります。実際、2階窓からの眺望に対して造られていると考えられますが、地上部からトスカーナの丘へ続く軸線の先には、いったん眺望を隠すような生垣のフレームがあります。
アーチ状の窓の先に行きたくなる気持ちを上手につくっています。
d0262144_1294322.jpg

d0262144_12101193.jpg

ガーデンの中心に立って、Villaを振り向いてみると
d0262144_12123057.jpg

低めの刈込ラインの重なりの向こうにもオリーブの丘が広がります
d0262144_12135349.jpg

サブの軸線がVilla方面に戻るようにまっすぐ続き、美しい芝生の路の先にニンフ神殿があります
その途中、右手に森、小部屋のような空間、レモンの庭、レモンの温室と続きます
d0262144_12164883.jpg


Bosco:森
ヨーロッパナラやカシが多かったようです
d0262144_12214219.jpg

Gabinetto rustico:田舎風、自然の、天然の小部屋
(Gabinettoにはトイレの意味もありますが、ここでは戸外の部屋的な空間を意味すると思います)
グロッタのような表情、劇場空間のような階段、サンクンガーデンを思わせる秘密の部屋です
森に接している側は森の緑を大きく背景として使っています。
藤棚の階段を上るとレモンの庭に繋がりますが、この高低差でわかるのは、おそらくレモンの庭は屋上庭園(人工地盤)であるということです。18世紀に既に屋上庭園の手法が使われていたということですね。
d0262144_1225402.jpg

d0262144_12255489.jpg

d0262144_12261158.jpg


ヴィラはその土地の風景を美しく見え、町を見下ろせる場所に存在することがステイタス、貴族の象徴と言われています
そしてヴィラの敷地内は、共通の要素として、建物の近くに菜園、薬草園、レモンを中心に柑橘類の畑や温室があり、食生活に密接しています。家畜のスペースが残る場所もあり、また森も存在します。
メインガーデンは美しさの象徴ですが、水を使うことで魚も飼え、これも生活の糧となります。
ニンフを祀る神殿、形は様々、もしかしたら神も様々かもしれませんが、グロッタや神殿を敷地内のどこかに携えるヴィラは多いようです。
ヴィラそのものが一つの町、村のように機能している、そんな印象を受けます。


→ レモンの庭、ニンフの神殿、ゲームの芝については次へつづく
[PR]