<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Giardino BARDINI
d0262144_13564195.jpg

公式HPよりPDFで取得できます

ジャルディーノ・バルディーニはフィレンツェの中心街を見下ろす斜面地にあります。2000年より5年かけて修復し、一般公開を果たしました。今も尚修復中ですが、メインガーデンは圧巻です。

修復にあたりガイドラインが設定されました
◆バルディーニ家の意向に基づき、出来る限り原型に近い形で保全修復する
◆公開ガーデンとして新しさも必要だが、歴史と過去に存在した姿を継承する
◆この地に残されている財産、感性を引き継ぎ、原型を保ちながら新しい素材やデザイン、植栽を施す

d0262144_148493.jpg

1200年代後半に生まれ、フィレンツェ市所有時期もあり、歴史と共に何度もオーナーが変わりました。変わるたびに敷地形状やデザインが変更になり、最終的にはバルディーニ家の所有、今日ある姿の原型となりました。
バルディーニ家は当時、ガーデンを3つのエリアに分け、イギリス風の森、バロック調階段、農村公園としました。森の中は修復中に発掘調査をし、この地に水道が引かれていたこと、ヨーロッパでは珍しいアングロチャイニーズガーデンの存在があったこと、エキゾチックな龍のオブジェがある水景施設が確認され、忠実に修復されました。
d0262144_14145682.jpg

d0262144_14202095.jpg

バロック調の階段は壊れた壁、彫刻、壁泉も過去の書物の紐を解きながら修復されています。
アイリスの花壇やバラ園も再現できたといいます。
荒れてしまった農村公園を剪定していくにつれ、果樹、テラスや装飾を施された円形広場、ベンチなども発見され、丁寧に修復されました。大きな発見はエルメス像のニッチが残されていたことです。
d0262144_1428594.jpg

修復にあたり、新たに藤のパーゴラがおかれました。ルネッサンスガーデンの面影を感じるために・・・
またバラのコレクションや牡丹、ガマズミなどの新種も植えられ、将来への成長が楽しみです。

最頂部からはアルノ川を見下ろし、フィレンツェ市街が一望できます。
d0262144_14324959.jpg

d0262144_143381.jpg


写真ではなかなか迫力が伝わらないかもしれませんが、メインガーデンが見えた瞬間、その姿に溜息が出ました。迫る斜面を目の当たりにして、これを上るのか・・・いや上らなければ!という気持ちが入り混じる不思議な魅力を感じました。

つづく
[PR]