<   2005年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

過去の記事の抜粋(一部引越し)をします

JDN02-ラテンのコラボレーション
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/toscana/02/

2005年、マドリードの王立植物園Real Jardin BOTANICOに、スペイン前首相の盆栽コレクションを陳列するための庭園が造られました。

設計・デザイン Fernando Caruncho(フェルナンド・カルンチョ氏:ランドスケープアーキテクト)
植栽選定・技術提供 Piante Mati

フェルナンド氏とPiante MatiのFrancesco氏は、20年以上前にピストイアのナーサリー見学に訪れたのがきっかけで、公私共に信頼しあう友人となったそうです。それぞれの母国語+フランス語でのコミュニケ―ション、英語がないのはラテン的です。

d0262144_19425134.jpg


このプロジェクトは招待コンペで入賞したものです。
繊細な植栽デザインを形にするための造園事務所をスペイン国内では見つけることができず、イタリアの友人に依頼しました。

「Piante Matiは、レベルの高いナーサリーを所有しているだけでなく、世代を通じて長い歴史と経験を備えている。この伝統と経験値による仕事の出来映えは、100%以上と言える。この事務所のメンバーは真面目で丁寧な対応、経験による知識の多さ、我々ランドスケープデザイナーにとって貴重な存在である」

d0262144_1951298.jpg
 
d0262144_19513322.jpg


実際の植栽工事より1年以上も前から専用コンテナで育成しており、生垣の完成形、美しい緑の連続感とボリュームをオープン初日から見せることが可能になりました。
今回使用したゲッケイジュは全部で500株以上(高生垣用300、中生垣用200)、生垣用の剪定を繰り返し角ばった形状に育成していきました。

d0262144_2005871.jpg


Real Jardin BOTANICO(国立プラド博物館に隣接)
http://www.rjb.csic.es/index.php

盆栽コレクションについてのインフォメーション
http://www.rjb.csic.es/jardinbotanico/jardin/index.php?len=en&Pag=555

もっと読みたい方はこちら→JDN02
Fernando氏とFrancesco氏の盆栽に対する考え方などもインタビューしています
[PR]