カテゴリ:PARCO(公園)( 6 )

★恒例・・・イタリアのガーデン雑誌「gardenia ガルデニア」2013年3月号より★

Il Parco Portello 「時の庭~スパイラル~」
ミラノ郊外に新しくできた再開発地域のアーティスティックな公園をご紹介します。
最初に目に飛び込んでくる桜並木、イタリアだとなかなかインパクトがあります。
d0262144_1251430.jpg


ミラノ中心から5㎞強のPortello地区、Via Don Luigi Palazzoloに位置する80000㎡ほどの大きな敷地はアルファロメオの工場跡地です。現在は63000㎡ほどまで完成し、最終形に至るまで工事が進められているようです。
このエリア全体、約37haが街の再開発地域となっており、その一部が公園となりました。車の渋滞道路の激しい地域の新しい緑の拠点として、またタウンハウスやマンションが並ぶ住宅地OT8地域から直接アクセスできる橋ができ、自転車と徒歩での行き来が出来るようになり、住民の憩える大きな公園になりました。さらにこの土地の歴史を未来に繋ぐオブジェや仕掛けが多く計画され、公園の名前になった“時の庭 Time Garden”のコンセプトに基づいています。何でも存在する、数えきれないコンセプトが潜んでいる盛り沢山な場所のようです。
1995年に再開発計画がスタート、民間企業であるインダストリアルデザインの会社の社長が音頭を取り、公園計画が進められました。彼はヴェネツィアビエンナーレでインスピレーションを感じたデザイナーCharles Jencks氏にコンセプトデザインを、実施はミラノのランドスケープデザイナーAndreas Kipar氏にそれぞれ依頼しました。
d0262144_12513680.jpg


地域住民に愛される公園、中に入るとダイナミックさや強いエネルギーを感じさせるデザインを目指し、4㎞の長い散策路、3つの丘(美しく掘られた造形的な穴をもつ)は人々が登ってみて何かを発見したり、高さの違いや変化する風景を楽しんだり、車の騒音から解放されたりと、街の中心にいながら、気分的に遠く離れた場所にいるような雰囲気に包まれます。
歩いているとベンチや遊具が点在しています。将来的にはお弁当を食べられるパビリオンがつくられ、水面でアイススケートを楽しめるアイデアも検討中です。約2/3のエリアが完成し、地域に根付いたリピーターの多い公園になっているようです。残り1/3は保育施設と野外劇場が企画されているということです。
d0262144_1252217.jpg


すぐ近くにParco Monte Stellaという爆撃の名残をコンセプトにうたい戦後に整備された大きな緑の丘公園があり、3つの丘はこの公園との繋がり、歴史を考えているようです。

「歴史や時間、時のめぐり、時のはやさをダイナミックに表現したシンボル的存在として、丘は円形で、路がぐるぐる回り、カーブを描きスパイラルになっている。これらを取り巻く生垣や小路、それを映し出す水鏡も。この公園のメインテーマは“時”である
公園内にある全てのもの、斜面、道、照明、ベンチ、サイン、植物、これらの色彩、モノ同士の対話が心音のようにドンドンと伝わり、音楽のように流れ続ける。」

d0262144_12522863.jpg


3つの丘は10,14,22mと高さに変化をつけ、それぞれ起源、歴史、現在を表していて、コンセプトに基づいたデザインが施され、オブジェや線形、素材が工夫され、アルファロメオの存在も刻まれています。
歴史に関する数字を使い444本の植樹を行ったり、月の満ち欠け、1年365日、12か月にまつわる数字を刻んだ舗装も見ることが出来ます。
d0262144_12524846.jpg



建築家Charles JencksのHPより作品の紹介ページへ(図面や模型もあります)
http://www.charlesjencks.com/#!projects-spirals-of-time

ランドスケープデザイナー Andreas KiparのHPより作品の紹介ページへ(夜景もあります)
http://www.landsrl.com/project/32/

こちらでも写真が掲載されています。
[PR]
Parco Chico Mendes チコメンデス公園

公園の名前であるChico Mendes(チコメンデス、シコメンデス)はゴム樹液採取者として働く一方、環境保護活動を行っていた人物です。ブラジルにおける熱帯雨林保護活動を展開し、森林伐採による温暖化や環境破壊をかかげ、反対運動を行っていた最中に暗殺されてしまいました。
南米、ヨーロッパでは彼の活動に共感し、死後に彼を讃える曲や詩も作られたようです。ポールマッカートニーのアルバムの一曲にも副題で“チコメンデスに捧ぐ”とあります。
時期同じく、ヨーロッパでも公園や施設に彼の名前をつけたものが多く残されています。イタリア国内にはParco Chico Mendesという公園が数か所あるようです。

フィレンツェの郊外、Campi Bisenzio(カンピ ビセンツィオ)という町にあるチコメンデス公園は約15ha、大きな沼池をもつ自然あふれる公園です。
d0262144_11193882.jpg

d0262144_11202418.jpg

公園としてのスタートは2000年9月、1980年代は建設砂の採掘や廃棄物の捨て場になっていました。当時は不法投棄の制限や法律が定まっていなかったことで空いている土地には粗大ゴミが多く捨てられていたそうです。1993年にトスカーナ州の環境改良計画エリアとなり、1998年に公園整備設計が承認され生態系の回復や緑化、一部埋め立てなどの施工となりました。現在は町の所有のもと非営利団体が管理を行っています。
d0262144_11211476.jpg

ゴミの種類によって特に産業廃棄物や有害物質は廃棄場を定めて移設、掘り起こした場所は土壌改良と共に新たな土を充填し豊かな植栽を施しました。
沼池、湿地帯や森林を整備し、動植物の生息地が息を吹き返しました。植物の多くは動物の食に繋がる種類、鳥の巣も一部人工的に配されました。もともとこの地に生息していた動物、鳥類、魚類を戻そうと人工湖も整備されています。
公園はフェンスで囲われ管理されていますが、野生動物類の自由な移動を妨げないようフェンスに沿ってバッファーや緑が覆い、視覚的にも巨大なビオトープを形成しています。
d0262144_11214323.jpg

d0262144_1122010.jpg


子供たちは自然に住む動植物に触れ、観察が出来ます。一部動物と遊べる場所もあるようですが、娘が遊具のある公園から離れなかったので触れ合うことはできませんでした。
d0262144_11222334.jpg

d0262144_11224259.jpg

公園で出会ったお友達と一緒に遊んでいます。言葉の壁は関係なさそうです。
d0262144_11225848.jpg


この公園がある町カンピ ビセンツィオは緑豊かで公園やガーデンが多く子育て世代に人気のエリアのようです。
フィレンツェ市内も近く便利で環境のいい住宅地なのですね。
[PR]
Villa Vogel

娘が何度も通ったお気に入りのフィレンツェ市、公の公園です。
100,000㎡もの緑豊かな公園となっています。
入場無料ですが、時間帯が決められ安全性も高く本当に美しい公園です。
園内にはフィレンツェ市Quartiere 4(区域名)の役所やバールもあります。
またイベントや展示会場も備わっていて、住民の憩いだけでなく活用型の公園として人気があります。

広々とした芝生と大きな樹の群+青い空!最高です。
d0262144_11452485.jpg

d0262144_1148433.jpg

門があり、通常20時、夏は24時まで開いています。春夏は20時頃まで明るいため、子供たちは夕方涼しくなる17時頃から増え、夜まで遊んでいますが、夜?という感じがせず、ついつい長居。
d0262144_11481783.jpg

d0262144_1149799.jpg

d0262144_11495582.jpg


13世紀、Capponi(カッポーニ)家の所有だったこの土地に塔型の邸宅が建てられました。当時、別荘として塔型の建物が主流だったようです。14~16世紀のルネッサンス時代、塔や回廊をもつ邸宅が流行していました。17世紀に前庭のようなポーチ、建物に積み重なるようなデザインの開廊、石造りの円天井(テント型)ヴォールトをもつ前室的ガゼボが増設され、邸宅の範囲が広げられました。
18世紀にはvia delle Torri(トッリ通り)沿いに1400年代様式の玄関を持つ礼拝堂が建てられました。

1776年まで上記のカッポーニ家の所有でしたが、その後Franceschi(フランチェスキ)家の手に渡り、1923年にはVogel(ヴォージェル:ドイツ語ではフォーゲル、スイス出身の家族)家の所有となりました。
発音はヴォージェルと聞こえていましたが、イタリア語の発音です。本当はフォーゲル家というべきなのでしょうね。
第一次世界大戦後、邸宅は事実上ほったらかしになってしまいましたが、1980年代にようやく全面的に修復されフィレンツェ市へ寄贈されました。19世紀からは正式にフィレンツェ市の所有となっています

子供たちだけではなく、大人の憩いの場所、散歩などゆっくりとした時間が過ごせます
d0262144_11522224.jpg


大きな池や中国人を象った彫刻、この意図はなんでしょう?
d0262144_11532379.jpg


娘は公園でお友達と知り合い、フリスビー開始!そしてしばし休憩・・・を繰り返していました
d0262144_11542585.jpg

d0262144_11544241.jpg


回転型遊具では、子供たちがたくさん集まり、回しているお父さんが大変でした。
d0262144_1156715.jpg


昔の邸宅と庭園から時を経て緑豊かな公園へ。
多くの住民に愛される素敵な場所になっています。

ここの歴史についてはWEB上にほとんど載っていませんでした。住民たちは何となく
「昔、貴族の土地だったらしい、裕福なヴィラがあったらしい」とは知っているものの残念です。
邸宅のあった時代の地図など、保存されていれば見てみたいなと思いました。
[PR]
前回の続きです

友人宅から前回ご紹介の場所とは反対方向に10分ほど歩くと別の「遊び場」があります
こちらも高層アパートメントに囲まれた穏やかな場所です。

今回は開閉時間が決まっている「遊び場」、夜中はクローズするので安心感があり、どことなく綺麗な印象も受けました。下の白い表示板に1年間、月ごとのオープン時間が書かれていました。
d0262144_9433249.jpg

午前中は小さな子供たちが多く、娘も無言のブランコ取り合い(?)で顔を真っ赤にして威嚇していたことも。
d0262144_9494877.jpg

大きな木々に包まれ木陰も多く、ベンチに座ってゆっくりと話しているママ友の声が響いていました。
子供たちが喧嘩を始めると、さらに大声で注意!するママの声に圧倒されました・・・が。
写真はそんな大騒ぎの前に撮ったものですので、閑静な雰囲気が伝わります。
d0262144_9521279.jpg

d0262144_9525184.jpg

娘が気に入ったシーソー、何度も乗っていました。
遊具の足元にはゴムマット、大型コンビネーション遊具やブランコの下は砂混入土が敷いてあります。
d0262144_9542121.jpg


H1800ほどのフェンスに囲まれていますが、同じ高さの豊かな生垣によって、緑の壁に囲まれている感があります。地面の芝生もほとんどが雑草?と思うほど生い茂っているのですが、かえってフワフワした優しい地面になっていて昔遊んだ原っぱ公園を思い出しました。

地域の小さな公園や遊び場、このほかにも点々と見かけました。原っぱ広場に円弧を描くようにベンチが並べただけの公園もあって、何に使うのだろう?と思ったところもありました。それでも大きな木陰があるだけで町は和むことを再認識させられた気がします。大木の存在はすごいですね。

友人宅から20分ほど歩くと、この地域大人気の公園があり、娘は滞在中、何度も足を運んだものです。
その公園についてのお話は次回へ。
[PR]
★旅してたシエナからフィレンツェに戻ります

フィレンツェではCentro storicoと呼ばれる旧市街中心地からトラムで10分ぐらい、郊外ではなくあくまでも中心地というカテゴリーのエリアに住む友人宅にお邪魔していました。

住宅地になると急に緑の量も増えます。並木道、大通の中央分離帯、ロータリー、公園に加え、アパートメント
の庭やバルコニーの緑など・・・。
風景のご紹介は次に、今回は近所のArea Ludica(直訳:遊び場)を取り上げます。

フィレンツェの役所管理元にある市の公園、24時間オープンなものと時間制で開閉されるものがあります。

友人宅から歩いて5分、トラムの走る大通り沿い、アパートメントに囲まれた「遊び場」がありました。
ここは時間帯が書かれたパネルがないので、オープン。夜は近寄らないことが賢明です。
d0262144_922624.jpg

遊具のあるエリア、こちらでは必ずと言っていいほど遊具の足元にはゴムマットが敷かれています。
午前中は小さな子供と祖父母、ゆっくり散歩する高齢者が多いようです。
d0262144_924361.jpg

エリアの半分以上が芝生広場、昨晩の雨で濡れていて入れませんでしたが、子供たちのボール遊びにはもってこい!・・・でも表示板には「サッカーなどのボール遊び禁止」、ここの芝生は走り回ったり、日光浴、時にお弁当を広げたり?するのでしょうか・・・
d0262144_929048.jpg

「遊び場」を囲むマンション群、建築の高さに負けず高い松がそびえるように並んでいます。
d0262144_9303385.jpg

d0262144_9302650.jpg


春以降、30度以上の夏日になることも多く、大きな木々に包まれる遊び場は大事な場所です。
それでも日中は暑すぎるので午前の早い時間帯か、夕方5時以降~暗くなる8時前といった時間を子供の遊び時間として有効に使っているようです。


もうひとつのArea Ludicaは次へつづく
[PR]
トスカーナの街というと城壁に囲まれた石の世界、中心に大きな広場があって緑はほとんどない・・・そんな風景を想像すると思います。
シエナも同様、最初に思い浮かべる景色は有名なカンポ広場でしょう。
d0262144_9111548.jpg

中心街は広場と路地と・・・所狭しな中、観光客が歩き、車がすり抜けます。
シエナは小さな街ですが季節問わず、人々が溢れています。車のクラクションもうるさいくらいです。

城壁に近づくにつれて緑の群が見えてきます。
この風景はグリーンベルト的な緑のボリュームを挟んで中心街が見えているところです。
実は緑に囲まれている街なのです。
d0262144_9202167.jpg

街への入口にあたるサンドメニコ教会の前に大きな針葉樹がシンボルのように聳えています。
これはPiante Matiが植えたもの、植えた当時は4~5mぐらいだったものが時を経て20m近くに成長しました。
d0262144_9234838.jpg

城壁外、Viale Vittorio Veneto(ヴェットリオ ヴェネト通り)と壁の間に大きな広場公園があります。
Citera StudioのVito氏がシエナの職員(公園土木緑化課)だった頃につくられたものです。
中央に大きな噴水とカスケード、シンメトリーに芝生広場+彫刻、壁ギリギリまで緑量があります。
d0262144_928334.jpg

残念ながら現在カスケードの水が止められています。
d0262144_93084.jpg

芝生の広場には低生垣のラビリンス(迷路)、反対側には遊べる彫刻がおかれています。
d0262144_93169.jpg

d0262144_9311652.jpg

城壁ギリギリまでの緑量が想像できるでしょうか?
d0262144_9314556.jpg

裕福な貴族所有の整備に余念がないガーデンと違い、公の所有はどの国でもメンテナンスが課題になります。

この広場公園の周辺は住宅街、大きなロットがループ道路に並び、ボリュームのある街路樹のある風景が見えてきます。
d0262144_9435477.jpg

d0262144_9442740.jpg


城壁の内と外の違いは実際歩いてみると環境の違いがよくわかりますが
シエナはgoogle earthなどで見てもグリーンベルトに囲まれている感じがわかりやすいと思います。
[PR]