Portello地区 ミラノの新しい風景② 

前回の続き、ミラノの再開発地域第2弾としてPortello地区へ!

以前(2013年5月)ブログ内でご紹介しました雑誌記事の公園とその周辺です。

ここを手掛けたランドスケープデザイナーは、前回のPorta Nuova地区でも活躍しています。
LAND – Landscape Architecture Nature Development
Andreas Kipar and Giovanni Sala
https://www.landsrl.com/urban-development

Porta NuovaのGaribaldi駅より地下鉄M5で6駅、ミラノ中心地より約5Kmの地区です。M5線はミラノで最も新しい市営地下鉄線(初の自動運転)で、開設は2015年です。周囲には近代的な国際見本市会場(Fiera Milano City)や国際会議施設(Mico Milano Congressi)が並びます。

地上に上がり数分歩くとCasa Milan(ミラン博物館:サッカーチーム)が個性的な姿を見せます。
d0262144_17324924.jpg
スカイラインを選手が走っています!
d0262144_17330483.jpg
d0262144_17322500.jpg
ミランの真っ赤な色に包まれた博物館内部にはチームやユニフォームの歴史、ボールなどが展示されています。
d0262144_17411311.jpg
d0262144_17355933.jpg
Casa Milanの周辺を歩いてみると、個性的なマンションが並び、イタリアにいることをふと忘れそうに・・・
d0262144_17330527.jpg
d0262144_17330722.jpg
こちらは国際見本市会場(Fiera Milano City)も見えます
d0262144_17323045.jpg
Casa Milan前の大きな広場からParco Portelloに向かって橋が架かっています
d0262144_17330711.jpg
この時、バカンスシーズンだったのか?一部工事中なのか連続した柵に阻まれ、中に入れず(-_-;)でしたので、外から見るだけでした。
d0262144_17325163.jpg
d0262144_17325119.jpg
d0262144_17330856.jpg
観光地ではありませんが、サッカー好き、散歩好き、ミラノの違う顔にに出会いたい方は是非、新しい発見をしてみてください。





[PR]