Appartamento a Milano

住んでいた時期を思い出させるアパートメント滞在 in Milano

家族の海外旅行にはアパートメントがとても楽です。
昨年のミラノ滞在もキッチン、洗濯機(夏は必須!)バス付のアパートメントを借りて過ごしました。鉄道駅からも徒歩圏、「垂直の森」のある新しい街区エリアでありながら歴史が保たれている中間領域な場所を選びました。もちろん歴史的中心地も散歩しながら徒歩で行かれます。

イタリアに限らずなのかもしれませんが、まず大通りからアパートが見えることは少なく・・・
住所番号をたどると、バール横の木製扉から中に入るようです。
d0262144_13480843.jpg
ここで大家さんと合流、鍵を3種類渡されました。
まず第1の大きな扉・・・の下の方に開く小扉を空けて中へ。
d0262144_13501266.jpg
扉の内側はこんな感じです。大扉が開く機会はほとんど無さそうです。
d0262144_13421107.jpg
次はデザインが美しい鋳物の門扉、2番目の鍵で開けます。
d0262144_13421228.jpg
と、ロの字建物に囲まれた中庭に入りました。庶民的なアパートのようです。
d0262144_13415901.jpg
d0262144_13421025.jpg
(実はもうひとつ門扉がり、こちらは別の中庭を持つ建物に繋がっていました。)
d0262144_13420847.jpg
このㇿの字建物を通り抜けると・・・
d0262144_14394592.jpg
d0262144_13420404.jpg
緑豊かな次の中庭、蔦が這うアパートメントに到着。
d0262144_13420364.jpg
我が家が借りたのは階段を上がった2階、3番目の鍵を4回グルグル回して開けます。
娘も練習を重ねました。何となく・・・のコツがいるのです。ちょっと上に力を入れたり、鍵を差し込みすぎないとか、言葉ではうまく表現できないコツが!
d0262144_13420152.jpg
窓から反対側を見ると大通りに面した洋服屋さんが続いているようでした。奥に細長いお店です。実は毎朝ガラス・ビン類をすごい音を立てて外に出すので、早朝に止めて~と思いました。
ゴミ事情だけは滞在するまでわからないものです・・・。
d0262144_13420969.jpg
部屋の中はとてもシンプルです。
ソファベッドのあるリビング、ミニキッチン。電子レンジもあるのでとても便利でした。
d0262144_13420042.jpg
d0262144_13415235.jpg
寝室、奥の扉を開けると洗面(洗濯機)・バス&トイレ
d0262144_14394692.jpg
夏なので洗濯物も良く乾く!
d0262144_14394673.jpg
朝食はバールに出かけたこともありましたが、近所に大きなスーパーがあったので買ってきてゆっくり食べることが多かったです。
d0262144_13420242.jpg
ちょうどオリンピック時期でしたので、テレビ観戦をしながら・・・。

住んでいるように滞在する気持ちのいいアパートメントでした。
Corso Garibaldi 127 Milano





[PR]
by ciaosae | 2017-04-04 14:54 | CASA(家) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://verdetosca.exblog.jp/tb/24051667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。