MART トレント・ロヴェレート近現代美術館

前回のブログでもお話しましたが、トレントから移転してきた美術館をご紹介します。

MARTはMuseo d'Arte Moderna e Contemporanea di Trento e Roveretoの略、トレントから電車で15分の隣駅Rovereto(ロヴェレート)から徒歩で15分ほど。
ニューヨークのMOMA、東京のワタリウム美術館、多くの有名建築作品を持つMario Botta氏の作品(2002年オープン)です。
d0262144_17241653.jpg

旧MARTはトレントに1987年に誕生し、2002年までその場所にありました。そこはPalazzo delle Albere、先日ブログでご紹介したレンツォ・ピアノ氏の自然科学博物館の前の風格ある建物です。
d0262144_17243926.jpg

貯蔵する作品が増え、1991年より移転計画がスタートしたとのことです。
イタリアの未来派アーティスト、Fortunato Depero(フォルトゥナート・デペーロ1892-1960)の生家があった場所に建てられています。
d0262144_17255396.jpg

1919年には未来派芸術を生み出す工房としても使っていたようです。彼は画家であり彫刻家でありながら、建築、舞台、服飾やグラフィックデザインも手掛けていましたCAMPARIカンパリのボトルデザインなら誰でも目にしたことがあるでしょう。彼自身も自らの作品を展示するミュージアムをデザインしたこともあり、現在でも作品として残されています。
d0262144_17285762.jpg

MARTにはデペーロの作品を含め10000点以上の未来派、前衛アートが展示されています。
未来派と土地の歴史、古典建築のクーポラ(半球体屋根天井・ドーム)をデザインに取り入れ、未来に続く建材(鋼材・アクリル・ガラス)によって透明感を表現することで温故知新の精神を感じました。
訪問した時、残念ながら雨でした・・・が、クーポラの迫力はどんよりした空にも映えています。
高さ25m、直径40mの透明な空間に入ると、気分がすっと変わります。
d0262144_17282255.jpg

本当はこんな真っ青な空の下で訪れたかったです!
d0262144_17265684.jpg

ROVERETO E VALLAGARINA Azienda per il Turismo
http://www.visitrovereto.it/scopri/musei/mart-rovereto/
ロヴェレートのツーリスト情報HPより抜粋させて頂きました

外壁の石は地元産、ロヴェレートの材料だそうです。

ロヴェレートの街を歩いてみました。雨に濡れてしっとりと佇んでいます。
d0262144_17314618.jpg

静かな小さな街ですね。
d0262144_1731116.jpg

d0262144_1732967.jpg

中心の教会、赤褐色と白が映えます。
d0262144_17322628.jpg

この街でも外壁の壁画が見事です。
d0262144_1733282.jpg

街と美術館の中央に車のロータリー、ここから駅まで真っ直ぐマロニエの並木道が続きます。
d0262144_17324920.jpg

d0262144_17334679.jpg

駅のデザインもロヴェレートの古い街並みを繋いでいます。雄大な山並みの前に赤白のコントラストが映えています。
d0262144_17335953.jpg

マリオ・ボッタ氏はトレント大学(法学部)のデザインも手掛けています。
http://www.tekne.ws/76,Portfolio.html
d0262144_17343742.jpg


北イタリアへのショートトリップでしたが、時間があるなら、ゆっくり回りたいです。
[PR]
by ciaosae | 2016-10-11 17:36 | ARCHITETTURA(建築) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://verdetosca.exblog.jp/tb/23545788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。