★BURNAZZI FELTRIN ARCHITETTI& Paolo PEGORETTIの仕事 vol.4★

Eliza(エリーザ)とDavide(ダヴィデ)によるユニット+Paolo(パオロ)による新作品が竣工しました。

以前の記事(Japan Design Netとブログ)

JDN北イタリアでエコハウスを設計する建築家グループ
No.1 北イタリアの集合住宅
No.2 北イタリアの個人邸リフォーム
No.3 ラクイラ地方の再生プロジェクト

edificio-unifamiliare-BL
2011-2014
Pergine Valsugana, Trento
progettazione
Elisa Burnazzi, Davide Feltrin, Paolo Pegoretti
cliente privato
foto Carlo Baroni
(※写真の著作権は全てBURNAZZI FELTRIN ARCHITETTI& Paolo PEGORETTIに帰属します)
d0262144_8333537.jpg

今回の住宅プロジェクトは北イタリアのペルジネ北部、平坦な地域にある60年代の地上3階地下1階建のリノベーション、2フロアにロフト階を加える個人邸の計画です。
敷地は教会や城の歴史ある景色とドロミテ、ブレンダ山脈の美しい山並みに包まれ、年間を通して日当たりのいい場所です。
d0262144_8335999.jpg

d0262144_8341154.jpg

外壁、アルミ材、木材部分も全て真っ白に仕上げ、周囲の建物にはない白い箱、これが今回のデザインテーマです。
物体の白と透明の関係、物体がすべての波長の可視光線を(ほぼ)100%乱反射するとき、その物体は白いという(Wikipediaより)性質を建築に取り入れ、美しい白の箱を造り上げたと言います。
d0262144_8342943.jpg


地域性と既存建物の形状を生かした非常にシンプルでコンパクトなデザイン、容積を低くおさえ、箱を連結させたような構成としています。屋根のあるベランダ、アウトドアリビングを充実させると同時に、正面ファサードの景にインパクトを与えています。透明な強化ガラスは部屋と風景をダイレクトに繋ぎ、夏は断熱性能によって暑さを和らげ、冬は暖かな日差しを取り込みます。最上階の屋根に太陽光パネルを設置しましたが、視覚的に目立たないように、段々型の建築デザインの勾配を利用しています。省エネ対策として部屋レイアウトを検討しました。冬の光を取り入れるべく南東の窓を大きく取り、夏の暑さ緩和のためにアウトドアリビングを、また風の通り道も考慮に入れています。

購入時の姿をみてのクライアントの希望は全体の改修、ほぼ全てが造り直しとなりました
d0262144_837499.jpg

d0262144_8375894.jpg


1階(地上階)は玄関とガレージ、2階とロフト階は生活スペース、地下1階にはワインセラーや貯蔵庫、ボイラー室が備わっています。
d0262144_8385116.jpg

シンプルな白い玄関ホールに印象的な黒い箱、木板の階段、インテリアは「白、黒、木」の3色の構成です。
d0262144_8485648.jpg

d0262144_8434856.jpg

開放的なキッチン、光を浴びて美しいですが、夏の暑さから守るガラスによって快適に過ごせるそうです。
d0262144_8455835.jpg

メインの2階リビングは赤の差し色が効果的です。リビングからロフト階に繋がる階段は透明、ここから先はプライベートという領域性を表現しています。秘密基地にあがっていく感がありワクワクしますね。
d0262144_846458.jpg

d0262144_8465912.jpg

柔らかい光が差し込むマスターベッドルームです
d0262144_850581.jpg

d0262144_8504544.jpg

マスターベッドルームに専用シャワールームを設けました。床もポイントになる壁も部屋と同じホワイトオーク貼り、段差をなくしたバリアフリーです。メインは漆喰塗装、シャワーエリアは磨きの磁器タイル(薄く加工したスラブ材)を貼りました。大きなシャワーヘッドが印象的です。シャンプー類を置くニッチがさりげなくシンプルなデザインのこだわりを感じます。
d0262144_8512471.jpg

子供たちにも彼ら専用のシャワールームがあります。
d0262144_851476.jpg


夏は美しい光を浴びて真っ白に、冬は雪を被ってまた真っ白に?冬の景も見てみたいですね。
北イタリアの生活感を少しだけ体感できたような気分で取材しました。

Grazie per l'intervista,Davide,Elisa & Paolo.
[PR]