Centro Congressi in Sicilia シチリアのコンベンションセンター vol.3

Centro Congressi in Sicilia シチリアのコンベンションセンター vol.3
最終回です。

~ランドスケープ&ガラスハウス~

ジュセッペ氏を通じて、敷地全体のランドスケープデザインを手掛けた事務所を取材をしました。
B ‘JORDI BELLMUNT ‘AGATA BUSCEMI ARQUITECTES
http://www.jordibellmunt.com/
d0262144_8151593.jpg
ジョルディ・ベルムント氏(スペイン)とアガタ・ブシェーミ氏(イタリア)のユニット、事務所はバルセロナにあります。
アガタ氏はカラブリア出身、建築を学びスペインへ渡り、ジョルディ氏とタッグを組んでいます。スペイン国内だけでなくイタリア(特に南エリア)、キューバなど国際的に活躍するアーキテクトユニットです。

この作品について語って頂いたこと…彼らの思いを竣工写真と共にご紹介します。

★コンセプト
「ボタニカルガーデンとしてのプロジェクト、シチリアの伝統的な風景の特徴(環境や社会的条件の面からも)を知り表現することが、現代のデザイン要素を検討する上で重要なことでした。機能的な役割をもつ場所として、この地の資源を最適に利用し、省エネやリサイクルを考慮、教育や研究の場としての活用などを踏まえたデザインを進めてきました。
このコンセプトに基づき、RADICEPURAはシチリアの文化を伝える風景と生物多様性、生態系の保全を考慮した国際的な中心となるボタニカルガーデンを目指しています。」

●vol.1でご紹介しましたマスタープラン
d0262144_8144145.jpg

★ゾーニング
約4.5haの敷地は大きく2つのエリアに分けて考えられています。ひとつは原風景をコンセプトにしたエリア、様々な自然のシーンを見せ、自然教育プログラムに則り人々が風景の中を探索できるデザインとしています。
もうひとつは人に近い造景エリア、建築デザインと繋がっています。技術革新、例えば効率性、持続性をうたうような新しい試みを備えたデザインにより、教育、文化や娯楽などイベントの場として集客を目的としています。
両エリアの考え方、「自然と幾何学」、「風景の中の造景デザイン」というようにコントラストを活かしたランドスケープを造り上げています。

●ゾーニングプランとフェーズごとの成長過程
d0262144_817433.jpg

d0262144_818260.jpg


★デザインの考え方
国際的に地中海風ガーデンは注目され、多くのオファーがあります。同時にガーデンに使う特殊な植物や樹種を探す顧客も増えていますね。このプロジェクトではかなり多くの亜熱帯植物を植えました。多くの人の目に留まるよう植物園のような場所でありたいと思っています。
ランドスケープデザインにおける4つの目的として以下を挙げます。

01.生産の場所、常に自然を生み出す場所であること
02.敷地全体の価値をあげること
03.既存の自然の把握と再活用、両方の場であること
04.新しい技術を利用した風景の維持を促進すること

●水面と光のデザインで新しい場を見せ、植物でシチリアの風景を見せています
d0262144_822556.jpg

d0262144_8222717.jpg

★今後の展望
ボタニカルガーデンには、いつでも一日中利用できる柔軟性のある場として、ここに根付く資産の再利用と観光客増大による土地の評価向上を目指しています。そのため、ここで提供するサービスや文化活動のレベルアップが常に必要だと考えます。
RADICEPURAはナーサリーを併設した新しい集客施設として魅力のある場所になるはずです。周囲の自然環境の中で植物を見ることで、より木々の美しさが伝わる相乗効果が期待されます。それだけでなく、社会的、文化的な活動の向上に繋がります。観光は観光、自然は自然のように分離せず考えた場として人々を魅了したいと願っています。

●昼景と夜景の魅力を考えたトータルデザイン:ガラスハウスへのまっすぐな動線
d0262144_8235055.jpg

d0262144_8243395.jpg


●昼景と夜景の魅力を考えたトータルデザイン:水面を大きく見せる
d0262144_8251696.jpg

d0262144_8255665.jpg


●HPより抜粋させて頂きました:アラブ人建築家に設計されたガラスハウスです
d0262144_8283466.jpg

d0262144_8285722.jpg

d0262144_8291472.jpg
温室は植物を展示してみる場所という在り来たりのイメージではなく、緑の中でイベントや会議が出来るのは楽しいですね

●HPより抜粋させて頂きました:中庭や水の庭も使ったパーティは魅力的です
d0262144_8301298.jpg

d0262144_8305347.jpg

Radicepuraムービー:夜の景、ムードたっぷりのテーブルコーディネート、行きたくなります
https://www.youtube.com/watch?v=evCw_2XJ0s0#t=65

3回にわたりシチリアの作品をご紹介しました。私自身、シチリアに足を踏み入れたことが無く、どんな場所か大変興味があります。イタリア人に「シチリアはイタリアではない、別の文化があり別の国ともいえる」と言われたことがあります。島ならではの文化、言語、食が発展しているようです。街によっても全然違うとのことです。一度は行きたいと思ってはいましたが、今回の取材を経て、自分の足で訪れたいなという気持ちが再燃しました。
ジュセッペ氏の作品はコンペでも賞を多く受け、シチリアの風を本土に吹き込んでいます。また彼の作品を取材したいと思います。
[PR]