Il Giardino Toscano a Hamamatsu 2004-2014

現在、浜名湖花博2014が開催中です。
http://hamanakohanahaku2014.jp/

サブタイトルに「浜名湖花博10周年記念事業」とあり、私は10年前の浜名湖花博2004に於いて出展作品の一つである「トスカーナガーデン」に携わっていました。

■10年経ったガーデンの全景です。緑量の迫力にビックリでした!
d0262144_14531735.jpg


このガーデンに携わるきっかけはある日本企業とディレクターの方からお声をかけていたことですが、私の名を紹介してくれたのはイタリアに住んでいた時に一緒に仕事をしていたPiante Mati社でした。
偶然にも別の知人のルートで彼らがガーデンデザインを依頼され、このデザインを施工するにあたって、彼らのデザインをよく知る日本人がいるから、と繋いでくれました。

■送られてきたデザインスケッチ
d0262144_14563962.jpg

実施図を描き、特殊な生垣や円錐樹木については、このようなガーデン植栽を得意とする造園事務所に相談し、施工より1年近く前から畑で育成してもらいました。
ガーデンとはいえ、テラスなど建築構造物もあり、何人もの観光客が上ることを想定した構造とし、思いの外
いろいろな壁に当たりながら、何とか出来上がった記憶が蘇ります。

■2004年の施工の様子です
d0262144_150137.jpg

Piante Mati社のデザイナーが描いたデザインは一見、シンプルに見えましたが、生垣の作り方、高さの違いや組合せ、材料の選定など、詳細を詰めていく段階で施工の難しさがあり、造園事務所との綿密な打ち合わせが続きました。
面積にして約300㎡、広くはありませんが、密度の高いデザインでした。


ガーデンエリアには世界各国の作品が連なり、その中でいくつかの作品が保存され、メンテナンスされながら10年、私自身も10年ぶりにこの地を訪れました。

■2004年→2014年の成長ぶりを比べてみました。
全体の緑量も全然違います。メンテの賜物ですね。
d0262144_153273.jpg

d0262144_1542222.jpg

d0262144_1543439.jpg


■イタリアンサイプレスの大きいサイズは手に入らず、当時、カイヅカイブキ(ロウソク仕立)を入れました。
時が経ち、カイヅカイブキ特有の炎のような姿になり、太った分?迫力です!
d0262144_1562182.jpg

d0262144_156316.jpg


■邸宅のバルコニーをイメージしたテラスの手摺が植物で見えなくなるほど!中央の花壇には
前には無かった樹木が!時の経過を感じます
d0262144_1584924.jpg

d0262144_159749.jpg

d0262144_1592590.jpg


■当時難しかった施工の一つ、テラコッタ球・・・さすがにありませんでしたが、秘密の噴水ガーデンへの入り口は生い茂ってシークレットガーデン度が上がっていました!イタリアから飛行機に乗ってやってきた噴水オブジェは健在です(水の流れは止められていましたが)
d0262144_15112572.jpg

d0262144_15114240.jpg


■2004年、記念イベントが開催されました。フィレンツェの助役(当時)とPiante Mati社のFrancesco&Luisa夫妻をお招きして浜松市との友好関係を結びました。
とても懐かしい一コマです。ここでたくさんの方に知り会い、今でもいい関係が続いています。
d0262144_1516521.jpg

d0262144_15161769.jpg


10年後にこの地を訪れる機会に感謝します。
当時、一番人気だったモネの庭、バラの成長度は半端ありません!今回も沢山の人が訪れ、フォトスポットになっていました。
d0262144_15192817.jpg


今回は「番外編」の記事になりました・・・・
[PR]
by ciaosae | 2014-06-06 15:20 | LAVORO(仕事) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://verdetosca.exblog.jp/tb/20783619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。