A regola d’arte 彫刻の点在する個人邸の庭

★- Il rapporto con le sculture - A regola d’arte 完璧といえる彫刻と庭の関係 ★

前回ご紹介したAnna Scaravella氏の作品の紹介第二弾です。

Piacenza(ピアツェンツィア)とParma(パルマ)の中間ほどにあるFontana Fredda(フォンターナ フレッダ地区)のCadeo(カデオ)という小さな町の個人邸です。
家を設計したPiacenza在住の建築家より紹介を受けて、この仕事に携わりました。
クライアントはBob Wilson(Robert S. Wilson)の彫刻を収集しており、その作品を庭の中に点在させたいご意向でした。
Bob Wilson氏の作品は主にアルミニウム製の彫像、人物等身大のもので、頭部が動物(狼、鹿、兎など)、色使いも個性的です。

<彼女の作品集より抜粋>

Il paesaggio(風景)
別荘は農村地に建てられた60-70年代の建築で、自然に囲まれた緑と水が豊かな川に近い平地にある。道端に車を乗り捨て、数メートル歩けば、広がる緑の美しさ、静寂と水流の音、光を浴びてキラキラ輝く岩石が目に飛び込んでくる。その先にニンファ(妖精)の姿が。フォンターナ フレッダはそんな美しい土地である。
敷地は道路と川に挟まれた三角形、約5000㎡、川沿いにはヤナギやポプラ、ハンノキなど水辺の植物群が生い茂る。
別荘はVila Favorita(最愛の別荘)と名付けられた。
別荘を包む庭の中で起こっていること、それは彫刻と庭の関係性、自然と人工のコントラスト、違和感、緊張感、難しいバランスが面白い。ふたつの関係性を考える。ひとつは溢れる自然、樹木や植物、水流を好む既存の緑と計画された緑が共存する。もうひとつはその中に入りこむ都市的な要素・・・。
d0262144_126221.jpg


Il giardino(庭)
Bob Wilson(彫刻家:ボブ・ウィルソン)氏の作品がデザインのメインである。彼は70年代のアバンギャルド芸術家として、才能を開花した人物である。
「空間も時間もそこに存在しない、どちらも同じことである。手のひらの上で見るならばポートレート、遠くに眺めるならば風景の一部となる。完成された光こそが空間となる。」と言っている。
d0262144_124283.jpg

d0262144_1244876.jpg

d0262144_1254066.jpg

自然と彫刻、それらを包み込む光と影の明暗の差や境界線を非常に大事にしながら配置を決めた。
別荘から自然を見る、境界はなく空まで続く。光や影のラインがその場その場の分かれ目を作り出す。
芝生に落ちる影、川沿いの木々の影など・・・デザイン上の線を描く必要はない。

庭内の樹木は主に自生種、ポプラ、ヨーロッパナラ、、ヤナギ、ハンノキを植えた。
デザイン的にポイントとなる庭の中央は、芝生面を斜めに切った細長いプール、プールを横切るように列植した桑の木が場に個性を与えている。敷地内の塔の上から見ると、芝生にクロスした「X」が見える。この中を彫刻たちが歩き回っているような雰囲気だ。
桑の木はこの地方でよく見られ、特に農家の私道や並木道として列植えされてきた。農家を飢餓から救うために養蚕が大きく発展した時代である。
(養蚕の発展については過去のブログでも少し触れています:La Casa Colonica 農家
d0262144_1211041.jpg

d0262144_1215610.jpg


道路と別荘の間にスクリーン的な緑として、ジャパニーズスタイルと名付けた場所がありました。
彼女の想う和のテイストとして、日本産のモミジとササ類の群植、段々に造られた流れをデザインしています。
d0262144_1212699.jpg

プロジェクトについて、彼女にお話を伺いました。

「アートは庭の中で動いています。これまでの歴史ある彫刻は庭の中で静かに佇み、庭は彫刻の美しさを見せる場でした。あ、ボマルツィオの庭園は違いますが・・・。私が考える現代アートとしての彫刻は庭の中で動き、ちょっと怖さとか面白さ、不思議さを感じるものです。
プロジェクトの検討事項として、第1にCadeoの町は平らです。平野にどう緑をデザインするか、第2に敷地は川に面していて、水辺の植物が境界際まで来ています。この条件の違う2種類の緑を分断しないようにお互い同士が溶け込むような植栽計画を施しました。彫刻たちはミステリアスに見え隠れし、川沿いの既存の木々の陰から突然姿を現します。狼や鹿の顔をもつ人像が謎めいた存在なのです。彫刻たちが美術館のように陳列展示されないことで、自由に自然や影と共に出現するでしょう。
川沿いの境界は水辺植生の茂みを厚くして敷地の境界がわからないよう、どこまでも広がっている錯覚を与えるようフィルターをかけました。
芝生の広がる中央にはシンプルな長方形のプール、安心感のある明るさ「光」と周囲のミステリアスさ「陰」、また人工的なジオメトリックなラインと周囲の有機的な自然形との対比を見せています。
この計画は地域の自然環境に配慮しながら、クライアントのアートコレクションとの融合も叶えた作品と言えます。」


クラシックなイタリアンガーデンは彫刻も生垣の緑も整然と静かに、庭を鑑賞する時も静かにしなければならない雰囲気があります。
この庭では出没するアートに驚き、時間と共に変わる光と影を追いかけ、楽しさとちょっとしたミステリーも兼ね備えた動の空間でもあります。
夕刻に、だんだんと暗くなる中で、ライトアップされたアートや木々の影、風に揺れる葉の音、近くに聞こえる水の音・・・ちょっと背中がぞくっとする感じが伝わってきたでしょうか?
ここに住むご家族は、四季を通じて、色々なシーン、音、アートの存在感を感じながら生活しているのでしょう。
d0262144_122491.jpg

Arch.Anna Scaravella,La ringrazio molto per l’intervista.
[PR]