Peggy Guggenheim Collection (Venezia)-4 1年後

★前回の続きです(ラスト)

寒い冬の施工後、Piante MATIのメンバーは毎週メンテナンスに入ったといいます。
毎週!って樹木関係のメンテナンスとしては異例ですね。
それだけこの地の特殊さ、困難さを語っています。そして彼らの植物に対する愛情も!!

今夏(2013年)の姿はこちら↓
サイプレスも支柱と共にしっかり立っています。緑も生き生きしていますね!
d0262144_1546919.jpg

d0262144_15461969.jpg


冬に植えたツル植物たちも壁を覆ってきました。レンガ壁といい相性です。
d0262144_15471564.jpg

d0262144_1548088.jpg


既存の木々や生垣と新しく植えたものたち、美しく共存しているのがわかります。
メンテナンスの賜物です。
湿度を好むシダ類、生き生きとしています!
d0262144_15501132.jpg

d0262144_15502219.jpg


最初にご紹介した雑誌に載った風景と同じですね。成長を感じます。
また選択した樹種、植え方の上手さ、デザイナーと施工メンバーのコラボレーションの大切さを認識させられます・・・
d0262144_15521142.jpg

d0262144_15522160.jpg


サイプレスのゲート、イタリアならではの中庭ですね。
d0262144_15515798.jpg


私がここを訪れたのは約20年前・・・再訪したいです!

Grazie per intervista,Piante MATI...Francesco & Andrea!
[PR]