公園リニューアル Citera Studioの仕事

小さな町の公園リニューアル
前回、マルモ出版「ランドスケープデザイン」にてご紹介したシエナの設計事務所Citera Studioの最新作品のご紹介です。
その時の紹介記事はこちら・・・

Castellina in Chianti(カステッリーナ イン キャンティ)はシエナより10㎞ほど北上した位置にある小さな町、古代ローマ以前のエトルリア期から続く、キャンティ街道最古の町のひとつです。
町は城塞に囲まれ、北の出口はフィレンツェへ、南の出口はシエナへ続き、かつての軍事拠点であった名残濃く、城塞の内側は壁やアーチ、トンネルになっている道も多く、重厚な印象です。
そんな歴史を持つカステッリーナ イン キャンティですが、現在は市庁舎での海外ウェディングも受け入れるらしく、何とも不思議な感じですね。

Citera StudioのVitoとRiccardinaは、この町の公園リニューアルを手掛けました。

イタリアには第一次世界大戦後に多くの場所で追悼公園がつくられました。公園は年を追うごとに、碑やオブジェ、遊具が増え、木も植物も成長を続け、元々のデザインにそぐわない姿になってしまう例が多いのです。この公園もそのひとつですが、さらに中央にある水景施設は大人にも子供にも人気があった分、多くの人が訪れたことで設備も景観も荒れてしまいました。

◆リニューアル前の公園の様子
d0262144_141120100.jpg

d0262144_14114826.jpg


今回はこの水景施設を大人が憩い、子供が遊べる新しい核として公園全体をリフォームしています。

◆水景施設プランと全体植栽計画
d0262144_14122671.jpg

d0262144_14125021.jpg

既存の大樹群を避けながら園路を修復する際には、根の状態を調査しながら丁寧に仕上げています。大きな木は根がどこを走っているかわかりません。考えずに掘り起し根を傷めると豊かな緑を無くしてしまいます。計画時から施工時までずっと今ある命を大切にリフォームしたと言います。
◆根の状態を見ながら平坦にしている様子
d0262144_14144980.jpg

花壇にはローメンテナンスでよい状態が保てる種類を植えています。例えば、アガパンサス、ヒペリカムヒデコート、フウロソウ(ゲラニウムロザンネ)、カシワバアジサイ、ローズマリー、ノバラ“ザ・フェアリィ”(ミニバラ・ポリアンサ)、ヒイラギ、ビバーナムティヌス(常緑低木、よく使われます)とのこと、日本でも使える種類も結構ありますね。
◆ヒペリカムヒデコート:日本でもよく見ますね
d0262144_14153780.jpg

◆フウロソウ:日本では園芸品種で、このように大きくは使わないかもしれません
d0262144_14162661.jpg


水景施設は、子供が自由に安心して遊べ、水に触れることができる遊具のようなデザインが生まれました。その周りには大人が子供たちを見ながら寛ぐことのできるスペース、ベンチを設置しています。
d0262144_1418740.jpg

d0262144_14182757.jpg

彼らの拘りは、ただポンと既成遊具を置かず、自然材料(水、石など)を使ったここだけにしかないデザインでした。
d0262144_1419984.jpg

d0262144_1420517.jpg

個性的であり、子供たちが跳ねたくなるそんなデザインですね。日本の飛石やケンケンパッ!を想像させられ、懐かしい気持ちになりました。
d0262144_14202770.jpg

d0262144_14204794.jpg

d0262144_1421779.jpg


明るくなった公園に町の人々も楽しそうです
d0262144_1423193.jpg


Dina & Vito
Grazie per l'introduzione del Vostro progetto!
[PR]
by ciaosae | 2013-09-24 14:24 | LAVORO(仕事) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://verdetosca.exblog.jp/tb/19707440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。